« 松本さんの出張授業「世界を知ることのすばらしさ」No.4 | トップページ | 松本さんの出張授業「世界を知ることのすばらしさ」No.6 »

2017年5月11日 (木)

松本さんの出張授業「世界を知ることのすばらしさ」No.5

「じぶんごとにしよう!」

静岡県浜松市にお住まいのJENサポーター、松本円花(まつもとまどか)さんが2月に浜松市の浜松海の星高等学校(2017年4月より「浜松聖星高等学校」に改名)で行った出張授業での、生徒のみなさんの感想、第5回です。

Photo
【写真:学校で出張授業中の松本さん】

松本さんが担当していた、イラクの活動について、くわしくはこちら から。

20170511_
【写真:イラクのモスルでの緊急支援物資の配布-トラックに荷台には支援物資が満載】

**

さっそく、松本さんの出張授業に出席した高校1年生の感想文をご紹介しましょう。
新年度がスタートして、一年で一番いろいろ新しいことを吸収する時期ですね!
この機会に、出張授業の感想を読んで、「じぶんも一歩踏み出そう」というきっかけになればうれしいです!

JENスタッフ一同

【生徒の感想】

 乳幼児の死亡率がとても高いことや、15歳以下の女の子の結婚率がとても高いことに驚きました。また、日本がどれだけ恵まれている国なのかがよくわかりました。私は今まで、きれいな水を飲めることや、冷暖房の完備された安全な校舎で勉強できること、学校にきれいなトイレがあることなどを当たり前だと思っていました。

 しかし、今回のお話を聞いて、紛争などでボロボロになった校舎で勉強をしていたり、文化・習慣の違いで女の子だけが勉強ができなかったりする子どもたちが、外国では当たり前にいることを思うと悲しくなりました。

 これからは、もっと世界の出来事に目を向けていきたいと思います。

松本さんが担当していた、イラクの活動について、くわしくはこちら から。

▼緊急寄付を受け付けています。ご寄付は、こちらから
iraq

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「イラク」とご記入ください*  

5月 11, 2017 イラクサポーターJENスタッフ |