« 松本さんの出張授業「世界を知ることのすばらしさ」No.6 | トップページ | 松本さんの出張授業「世界を知ることのすばらしさ」No.8 »

2017年5月25日 (木)

松本さんの出張授業「世界を知ることのすばらしさ」No.7



「じぶんごとにしよう!」

静岡県浜松市にお住まいのJENサポーター、松本円花(まつもとまどか)さんが2月に浜松市の浜松海の星高等学校(2017年4月より「浜松聖星高等学校」に改名)で行った出張授業での、生徒のみなさんの感想、第7回です。

2015
【東京本部事務局勤務の
ある日の松本さん

松本さんの講演を聞いた高校生は、どうして「一歩踏み出せる!」と思ったのでしょう。
講演から、エピソードを抜粋します。

「これ、なににみえますか?そう、チョコレート味のカップケーキです。
スーパーマーケットみたいなところで、袋に [chocolate cake] と、書かれているものを買いました。一口食べたら中身は白かったんです。え?」

Cup_cake
【チョコレートケーキの写真】

松本さんが担当していた、イラクの活動について、くわしくはこちら  から。

20160113_121832
イラクの避難民キャンプ

**

では、松本さんの出張授業に出席した浜松聖星高等学校1年生の感想文をご紹介しましょう。新年度がスタートして、一年で一番いろいろ新しいことを吸収する時期ですね!
この機会に、出張授業の感想を読んで、「じぶんも一歩踏み出そう」というきっかけになればうれしいです!

JENスタッフ一同


【生徒の感想】
私は、今回のお話を聞いて、考え方・見方によって見えるものが変わるということが分かりました。最初、地球の裏側に行くのは飛行機で約1日もかかる、というのは長い時間だと感じたけれど、逆に地球の裏側に行くのには約1日で移動が可能と聞いて、それはむしろ短いのだということが分かりました。

今日から、海外のニュースを見るときは、日本から飛行機で約〇時間かかっていく場所で起こっていることなのかなと考えたいです。そして、世界一週のお話を聞いて、私も海外に行っていろいろな人と友達になりたいと思いました。

人道支援の活動にも興味が出たので、自分にできることをしてみたいです。


▼緊急寄付を受け付けています。ご寄付は、こちらから
iraq

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「イラク」とご記入ください*  

5月 25, 2017 イラク, サポーター, JENスタッフ |