« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

NGOでインターンする人ってどんな人?アンケート

 以前は、NGOとは全く異なる業界で働いていた社会人、様々な学部の学生が、ジェンのインターンとして活躍をしてきました。

社会人:
旅客機客室乗務員・マスコミ・広告関係・一般事務・塾講師・美術制作・メーカー営業職・保育士

学生:
政治学・社会学(文化人類学、中東学、社会人類学)・教育学・国際関係学・理化学系(地球科学、化学)・法学・経済学

 

【インターンの経験がどのように現在に活きていますか?】
自分と「国際協力」

・スタッフになぜ国際協力の分野に進もうとしたのかを聞くことにより、自分の進路を考える大きな参考となった。

・目標を持ちコツコツ仕事をすることが最短ルートであるということを学んだ。自分らしい開発への関わり方の幅が広がった。

・インターン中は小規模ながら一つの事業の企画・立案から運営、事後評価までの一通りのサイクルに携わることが出来たため、プロジェクト管理の基本を学べた。

こんなことも!
・NGOスタッフが国際協力をボランティア感覚ではなく誇りを持ってプロの仕事として働いていることを知った。

・日々の生活の中で感謝する気持ちを忘れないようになった。「ありがとう」と口にする機会が増えた。

・モノを書く・編集するなどの基礎能力・幅広くモノを考える視点を学んだ。難民支援NGOを立ち上げた。

・インターン時に得た人間関係は現在大きな財産となっている。

 

【国際協力に興味がある人たちへのアドバイスやメッセージをぜひお願いします!】
・長期的に計画を立て、多角的な視野を持ち、様々な事柄(自分の興味・専門分野だけではなく)に挑戦することです。また、幅広い人間関係を築くこと、です。

・どんな形であれ、どんな人であれ、国際協力はできると考えています。できることはたくさんあります。ぜひトライしてみてください。

・第一線で活躍されている方の話を直接聞け、より自分のやりたいことも明確になると思うのでインターンはとても有意義だと思います。国際協力の光の部分だけでなく、陰でどのように皆さんが努力し支えていらっしゃるかを理解できる本当によい機会です。

・興味があることは迷わず挑戦していくことが重要だと思います。一歩進めばそこから新しい世界が開けて行くはずです!

8月 31, 2010 企業・団体の皆さまからのご支援市民の皆さまからのご支援サポーターJENスタッフJEN東京本部事務局&海外事務所インターン求人情報チャリティ企画 |

2010年8月17日 (火)

押し花カード、入荷しました!

手作りカードと室内履き(ゼパ)が入荷しました。
これらの手工芸品は、JENが2004年まで活動をしていた
旧ユーゴスラビアの女性たちが制作したもの。
売上金は、製作された難民・避難民の方に還元し、経済的自立の一助となります。

大切な方への贈り物に、ぜひどうぞ!

■カード(封とう付)1枚400円

押し花カード

Img_1079 Img_1075 Img_1078   

Img_1076_2 Img_1077_2   

刺繍カード

Img_1084  Img_1083  Img_1082

■室内履き(ゼパ)はコチラをご覧ください。

■FAXまたは郵便でもご注文いただけます。

申込書をダウンロード後印刷し、必要事項をご記入の上、

JEN東京本部事務局に FAXまたは郵便でお送りください。
指定の郵便振替口座(下記参照)へのご入金を確認させて頂き次第、発送致します。

申込書はコチラから

8月 17, 2010 旧ユーゴスラビア |

2010年8月12日 (木)

夏野菜が届きました!

サポーターさんからお野菜が届きました!

十日町市地域おこし実行委員会代表のYさんから、
とれたての夏野菜が届きました。

Photo

東京本部スタッフ一同、お礼申し上げます。

ありがとうございました!!!

○○2010年産米 先行予約スタート!○○

くわしくは、こちらへ

○○村おこしボランティア、秋もやります!参加者募集中○○

くわしくは、こちらへ

8月 12, 2010 新潟サポーター |

2010年8月10日 (火)

2010年度産 山清水米先行予約はじまりました

やまあいの 小さな集落から おいしいお米を お届けします。

Img_1479_low

私たちは、2004年の中越大震災をきっかけに
ジェンと出会いました。

「とにかく人でが足りないんだ」

これまでに、述べ1000名を超えるボランティアが
この小さな集落にやってきました。

ボランティアと16人の村人との交流。
それは、里山の暮らしと都会の価値観との
数限りない触れ合いがもたらす村の可能性。

この村を守り、そして元気にし、
全国の農産そう、限界集落に希望をもたらしたい。

お買い求めは、こちら

ことし、はじめて「あいがも農法」に挑戦しています!

観察日記は、こちら

8月 10, 2010 新潟サポーター田んぼへ行こう!! |