2017年2月10日 (金)

「松本さんの出張授業」連載スタートします

JENサポーターの松本まどかさんは、昨年までJENの国際スタッフとしてイラク北部に駐在していました。

松本さんが担当していた、イラクの活動について、くわしくはこちらから

退職後は故郷の静岡県浜松市に戻りました。先日、市内の高校から世界を知ることのすばらしさを伝える講演会に招かれました。JENの活動のみならず、世界中を旅し続けている松本さんの目に映る世界とは?

松本さんにとっては、「世界はそんなに広くない」のだそうです。

これから7回にわたり、彼女の講演を聞いた高校生の感想文を紹介します。
お楽しみに!

Matsumoto


▼JENのサポーター活動に関心がある?
サポーターオリエンテーションに参加しませんか?
くわしくは、こちら

▼ほかに、参加方法を知りたい?
キフリマやブック・マジックなど、いろいろご紹介しています。
くわしくは、こちら



2月 10, 2017 イベント報告, サポーター, JENスタッフ |

2016年12月15日 (木)

イラク活動報告会へのご参加、ありがとうございました!

みなさん、こんにちは。インターンの家木です。
今日は、12月5日に開催した、「JEN イラク緊急支援 活動報告会 ~イラクの今~」をレポートさせていただきます。
末広町にある、『3331 Arts Chiyoda』で開催させていただいた今回の報告会。
当日は34名の方にご参加いただき、JENエマージェンシー・オフィサーである廣瀬が、モスル奪還に揺れるイラク北部の現状をお伝えしました。
_13
中学校を改装したお洒落なイベントスペース。
報告会はJEN事務局長代行の黒木の挨拶から始まり、

02_1

イラク駐在を、数カ月前に終えたばかりの
エマージェンシーオフィサー廣瀬による、イラクの現状報告へ。
_5

現地で実際に撮影したビデオや...

_15

イラク危機を生きる人びとのストーリーが映しだされます。

_17

このプロジェクターの写真に映るのは、将来弁護士になる事を夢見ている18歳の青年です。彼は厳しいキャンプでの生活の中でも自分のできること、学べることを見つけようと懸命に努力をしているそうです。

本来であれば平和な毎日を送れていたはずの人びとが、イラク危機の影響で故郷を追われ、長引くキャンプ生活を余儀なくされています。けれど、その過酷な状況の中でもより良く生きようと奮闘する姿に、強く胸をうたれました。

_2

この写真に写っているのは、衛生キットです。実際にイラクの避難民キャンプでJENが配布しているものです。この分量で1家族の2か月分になります。(平均的な6人家族)

何が入っているかというと…

・シャンプー2本

・漂白剤2本

・生理用品(女性1人あたり2パック)

・多目的洗剤 2本

・石けん24個

・洗濯洗剤6袋

・食器用洗剤2本

この分量を調達するのに、日本円にして約1452円位という事です。

皆様からのご寄付が、ここにも役立っているんですね。

報告会終了後の懇親会にも多くの方にご参加いただき、盛況のうちに報告会を終了することができました。

1


2

ご参加いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

JENではこれからも様々なイベントを開催予定です。

2017年1月15日(日)にはチャリティ・ワイン・セミナー&ランチ会も開催します。

詳細は是非こちらからご覧ください。


12月 15, 2016 |

2016年12月 2日 (金)

オフィス環境に変化が!

JENのブック・マジックは、ご自宅での本の整理のみならず、イベント会場やグループ単位でも参加できます。

今回は、会社として大々的に取り組まれた事例をご紹介いたします。

***

14707933_10155312846877538_885701_4 先日、NTTデータセキスイシステムズさんが、東京と大阪の社屋にて、ブック・マジック重点月間を開催されました。毎週一回締め切り日を決めて、それを7回繰り返しました。気になる査定額は、合計90箱2,000冊(点)、数万円!となりました。その結果、ひと月あたり、ひとりあたりのブック・マジック参加、最高額を達成されました!(パチパチ!)

   「オフィスが広くなりました。今まで、ここは、デッドスペースだった、ということがわかりました」。と語るのは、ブック・マジック月間を提案し、ぐいぐいと全社員を巻き込み、みごとに断捨離を大成功に導いた立役者、熊野宜守さんです。

   

「社長が、自宅から漫画、『ゴ○ゴ○○』全巻他、全社員で合計564冊をブック・マジックのたPhoto1 めに持ってきて頂いたのが大きかったと思います。また、仕事に関連する専門書が多かったのも高額につながったのでしょうか」。この取り組みは、NTTデータグループ内でもちょっとした話題になったそうです。NTTデータグループ内環境マネジメントの取り組みとして、良い評価をいただいたので、社員一同、達成感につながった、とおっしゃっていました。

  

14706925_10155312847077538_594475_3 これからも、ご自宅やお友達の間でブック・マジックの輪を広げていただければうれしいです。
ブック・マジックからのご寄付は、世界各国で実施しているスクールサポートプログラムの活動で、大切に使わせていただきます。

ブック・マジックについて、くわしくは、こちらから

12月 2, 2016 やってみよう!ブック・マジック, 企業・団体の皆さまからのご支援 |

2016年11月 2日 (水)

神楽坂まちとびフェスタに参加しました!

2週間半に渡って行われる神楽坂まちとびフェスタに今年も参加しました!

JENは10月27日~29日の3日間、毘沙門天の前で
ブック・マジックとお宝エイドの取り組みをご紹介するとともに、
本やお宝を集めさせていただきました。

「ブック・マジック」とは、読み終わった本やCD、見なくなったDVDを回収し、その買い取り額をJENが実施する教育支援事業「スクールサポートプログラム」で大切に活用させていただくプログラムです。そして、「お宝エイド」とは、お家に眠る、「お宝」―例えば使わなくなった、ブランドバックやアクセサリー、携帯電話・スマートフォン、金券や未使用切手などの買い取り額を、JENの活動に使わせていただくものです。

スタッフとして参加してくださった、たくさんのサポーターさんのご協力もあり、このイベントの3日間で、15箱分の本を回収することができました。本を持ってきてくださった皆さま、ありがとうございました!

20161028_jen_
【JENのブースです!】

本を持ってきてくださった中には、「捨てるぐらいなら、寄付したい!」と言って下さる方がいました。また、JENのブースで本を回収しているのを知り、お家に戻りたくさんの本を持ってきてくださった方もいました。

20161028__2
【ブック・マジックのチラシを配るサポーターさん】

そして、いらなくなった本を、店頭で回収してくださったお店もありました。「頑張ってね!」と言ってくださり、本当に神楽坂の皆さんの優しさを感じました。

最後になりますが、ご寄付をして下さった方々、そしてブック・マジックのお手伝いをしてくださったサポーターのみなさん、本当にありがとうございました。

11月 2, 2016 |

2016年11月 1日 (火)

フリマで国際協力/キフリマ第4回目レポート

こんにちは。JENインターンの近藤です。

先日10月10日(祝)に吉祥寺パルコで開催された、フリーマーケットにサポーターさんのお二人と一緒にキフリマブースとして出店してきました。

サポーターのお二人は、立教大学の学生で、先月までJENで2週間インターンをしていました。キフリマ参加の呼びかけに、「ぜひ一緒に、キフリマに参加したい」と言ってくれました♪

まずJENボックス(JENが準備している備品- ニュースレターなど)を開き、JENの資料やPOP、募金箱などを設置しました。

そしてビニールシートを敷いて、商品を並べたら準備完了!

Img_3205_2

当日、曇り空の、肌寒い日だったのですが、

たくさんのお客さんが私たちのブースの前で足を止めてくださいました。

Img_3207_2

商品を買った方は、

「服を買うことで国際協力できるなんて嬉しいと言ってくださいました!

今回販売したのは、前回同様、洋服、小物類など用意しました。

皆さん、寒い中お越しいただきありがとうございました。

参加してくれたサポーターさんに感想を聞いたところ、

「物を売る難しさや、人を呼び込む大変さを体験しました。他のブースでは、積極的に売り手買い手コミュニケーションを取っていたので、もっと真似すればよかったです。」

「物販に対する社会経験はもちろん、JENの一員として活躍ができたことに、とても充実感を感じました。」

など、2人ともキフリマに参加したことを喜んでいました!

私も初めてキフリマに参加し、JENの活動に少しでも興味を持ってもらえるような伝え方、見せ方を他のフリマ参加者から学び、とても勉強になりました!

他のフリマ出店者の方々仲良くなれて、とても楽しかったです。

また、このような貴重な経験ができたことを嬉しく思います!

次回のキフリマは、11月13日(日)池袋西口公園開催します。

出店者募集中ですので、是非こちらからご応募お待ちしております!キフリマで楽しみながら、世界の人びとを支えましょう!

JENインターン近藤

11月 1, 2016 イベント報告 |

2016年9月15日 (木)

【ZEPA】2016 秋・入荷しました!!

セルビアから、心のこもった温かいハンドメイドの室内履きが届きました。夏もだんだんと終わりを迎え、日が落ちるのが早くなってきましたね。今年もJENオリジナルの室内履き「ZEPA(ゼパ)」を、数量限定で販売決定!!
色はカラフルで、もちろんウール100%、冷え性対策にもなる、
他にはないオリジナル商品です!!
JENでしか手に入らない、セルビアのハンドメイドプロダクト。
ぜひ、ZEPAで今年の冬を越しませんか?
20150915_zepawithinterns
【入荷したばかりのZEPA】

ご購入は、こちらから!
かつて、南東ヨーロッパに位置する旧ユーゴスラビア(現在はセルビア、クロアチア等の6ヶ国)は多くの民族が集まる1つの大国でした。しかし、1991年にスロベニアが独立したことがきっかけで、国を巻き込む大きな紛争になりました。誰もが、独立をするための主導権を握るために、武器をもち多くの命が失われました。
JENは1994年から2004年まで全土でさまざまな支援活動を行いました。(詳しくはこちら。)「生きるための誇りと前に進む力」を回復するための自立支援は、心の復興を目的とします。お話しながら編み物を楽しむコモンルームでは、紛争で心を閉ざしてしまい家にこもりがちになっていた女性同士、編み物などの手芸を楽しみながら、共に時間を過ごすことで心を癒し、前向きな心を持つことにもつながりました。
20160915_zapaiwhtthe_makerss
【ZEPAを作っているみなさん】

ご購入は、こちらから!
http://www.jen-npo.org/jp/participation/buy.php#yugo

JENの支援活動が終わった後、コモンルームに通っていた女性たちは、現地NGO「ベターウェイ」を立ち上げ、おもに手工芸品の制作をつづけています。
今回ZEPAを作ってくださった方は、ベターウェイの活動に参加する40~80歳の女性たち。
彼女たちは、コモンルームが開かれて以来編み物を続け、今もJENのために制作をしてくれています!今回も、「JENの皆さんが私たちを覚えて下さったこと、そしてJENに協力できていることを大変嬉しく思います」との素敵なメッセージをいただきました!!
ZEPAは、ハンドメイドなので、世界に一つしかない一点ものです。
作り手の方の名前もちゃんとわかるようになっています!
カラフルな色を中心に使っているので、お部屋の飾りの一つになるのでは?
価格は2,060円でフリーサイズです。
20160915_zepa3
セルビアの女性たちが、一つずつ心を込めて編んだ、室内履き。
部屋履きに、オフィスの冷房対策に、そしてプレゼントに♪、
皆さまのご購入(またはご購入申し込み)をお待ちしています!

9月 15, 2016 旧ユーゴスラビア |

2016年8月19日 (金)

フリマで国際協力♪ /キフリマ第2回目レポート

先日、8月14日(日)に池袋西口公園で開催された

フリーマーケットに、

ある高校生女の子5人組み、サポーターとしてキフリマに参加してくださいました!

 

キフリマは、皆さん国際協力に楽しく参加していただきたいとの思いから始まった新しい寄付プロジェクト。

JENが指定するフリーマーケット(東京リサイクル運動市民の会 のご協力の元、ブース費用が無料です)に参加し、

そのフリマの売り上げをJENに寄付していただくというプロジェクトです。

彼女たちは、学校の総合学習で「身近なものを寄付金にする」をテーマに

1年間ボランティア活動を行っているそう。

そこで今回JENキフリマをネットで知り、参加してくれました!!

 

当日、ブースいっぱいにひかれた商品はたくさんの方に注目され、

開始前にも関わらず、多くのお客さんがブースに集まり興味深くのぞいてくれたそうです。

「これ何ですか?」「若いのに凄いね」とお客さんとの会話ドキドキしながら、商品を紹介した、皆さん。

Photo_2


フリマの結果は….

今回販売した商品は、洋服 アクセサリー 文房具など計98点を用意しました。

そのうち売れた商品は、21点総売り上数7350円になりました!

老若男女問わず30人以上がブースを見に来てくれたそうです。

皆さんありがとうございました。

参加してくれた高校生にインタビューをしたところ、

「商品を売る難しさを知り、もっと売り上げを伸ばす方法を考えるようになりました。今度は、買う側になって寄付金に貢献したいです。」

「はじめてフリマで、お客様とのコミュケーションが緊張したけど

楽しかったです。」

など今回のイベントに参加できたことに、とても喜んでくださいました!

私が何より驚いたのが、まだ高校生なのに楽しかった~で終わってないところです。

また、社会人や主婦の方は、また違う視点があると思うので、是非参加してほしいです!

みなさんもフリマを通して、気軽に国際協力しませんか?

次回は9月22日(木)秋分の日に、東京都練馬区としまえん開催します。

参加者まだ募集中ですので、是非こちらからご応募お待ちしております!

JENインターン 近藤


8月 19, 2016 キフリマ |

2016年8月12日 (金)

帰って来た筒井さんの出張授業!最終回

JENサポーター筒井さんの出張授業に出席した小学生の感想文の投稿、第7回目の最終回です。

筒井さんご自身がJENの活動に参加し体験された「石巻&ヨルダンのシリア難民」についてお話しをされました。

【児童の感想】
今回の授業で学んだことは、世界では紛争によって私たちのように平和に暮らせない難民の人たちが数多くいるということです。同じ人間が苦しいおもいをしていると思うと、少しでも多くの困っている人びとを助けることができるように努力していきたいです。

Photo_2
【札幌の小学生に授業をする筒井さん】

筒井さん、たくさんの出張授業をありがとうございます!
また、どこかで子どもたちに授業をしていただけると幸いです。
ありがとうございました!

JENではシリア難民支援のご寄付を受付しております。

8月 12, 2016 サポーター |

2016年8月 5日 (金)

帰って来た筒井さんの出張授業!第6回



JENサポーター、筒井さんが3月、札幌市内の小学校に通う卒業前の6年生児童を対象に出張授業を行いました。授業に出席した小学生の感想文の投稿、第6回目です。

テーマは、筒井さんご自身がJENの活動に参加し体験された「石巻&ヨルダンのシリア難民」について、です。

【児童の感想】
ぼくたちに難民のことや東日本大震災について教えてくださりありがとうございます。今回の授業を受けて困っている外国人の人達のために募金をしたいと思います。

Photo
【向かって左が授業見学中の筒井さん】

JENではシリア難民支援のご寄付を受付しております。

8月 5, 2016 サポーター |

2016年8月 1日 (月)

2016年産の山清水米、予約スタート!

Chirashi_a4

お申込みは、十日町市地域おこし実行委員会まで。

JENの新潟での活動について(2010年11月終了)、くわしくは、こちら

いまは、実行委員会主催の様々なイベントが開催されています。実行委員会の今、をぜひ応援してください!くわしくは、こちら

「田んぼへ行こう!」は終了いたしました。活動報告はこちらまで。

8月 1, 2016 サポーター, 企業・団体の皆さまからのご支援, 新潟, 田んぼへ行こう!! |