2017年12月15日 (金)

Chabo!著者のみなさんと、交流会をしました!

2008年にはじまったチャリティ・ブック・プログラム、Chabo!

Chabo02

恒例の著者の皆さんへの報告会とJENスタッフとの交流会を開催しました。

報告会には、勝間和代さんと白河桃子さんがお越しくださいました。二部の交流会には、駆け込みで酒井穣さんが到着。普段はなかなかお会いできない超多忙な方ばかり3名との交流会は、終始賑やかで和やかなひと時となりました。

気になる寄付額ですが、2017年10月末までの累計は、112,261,081円を達成中。

貴重な印税のご寄付、深く感謝です!

今年は2冊がChabook!に登録。来年もすでに1冊の登録が決定しています。

20171213_chabo2

20171213_chabo18

20171213_chabo2_2

12月 15, 2017 Chabo!, イベント報告, サポーター, チャリティ企画, 市民の皆さまからのご支援, JENスタッフ |

2017年12月 8日 (金)

いつもご支援をありがとうございます!

Chabo04 みなさんは、Chabo!(チャボ:チャリティ・ブック・プログラム)をご存知ですか?

Chabo!は、ビジネス本の著者たちによるチャリティ・ブック・プログラム。ビジネス界を代表する皆さんのChabo!著書の印税の一部が、私たちの活動へのご寄付になります。

.
***

20171204_040044800_ios

 さて先日、Chabo!著者(わたしたちは、親近感を込めて、こう呼んでいます)の一人、小宮一慶さんにお会いしました。これまでに、19冊ものご著書をChabo!に指定いただいております。書店で目にする小宮先生のご著書、その多くにこのマークがついているのですよ!ほかのChabookについては、こちらから。

 この日も、地方ご出張の合間をぬって、私たちの訪問を歓迎してくださいました。ご自身が93年、カンボジアPKOに国際選挙監視員としてご赴任されていた頃のご経験をお聞かせくださいました。超ご多忙にもかかわらず、貴重なお時間をいただきまして、本当にありがとうございました!

 タイムリーなお知らせをひとつ。ちょうど来年の 『小宮一慶のビジネスマン手帳 2018』をお買い求めいただくと、こちらも印税が寄付になります。

この機会に、Chabo!について知って下さい。Chabo!

.
これからもChabo!をよろしくおねがいします!

 

12月 8, 2017 Chabo!, 市民の皆さまからのご支援 |

2017年11月30日 (木)

自分の誕生日をチャリティイベントに!/ 映画監督スチュウ・リービーさん

11月22日、都内某所で、とあるチャリティ・パーティが開催されました。
それは―――
映画監督のスチュウ・リービーさん* の50歳、生誕感謝祭!
スチュウさんご自身が主催者となり、近しいご友人100人以上をご招待されて行われました。

Aki_3727_dxo_2
写真:(C)Fumiaki Yamazaki
参加費は、なんとスチュウさんのご招待により無料!そのかわり、半世紀生きてきたことに感謝したい、というスチュウさんは、「ご自分の気持ちをJENに寄付してください」という、メッセージを込められました。
Aki_3724_dxo
写真:(C)Fumiaki Yamazaki

Img_2608

Aki_2856_2_dxo   
写真:(C)Fumiaki Yamazaki
   
*JENとスチュウさんは、東日本大震災の緊急支援で出会いました。スチュウさんご自身も当初は泥かきボランティアとして現地入りしました。しかし、現地の状況を見た瞬間に、映画監督として、東北で起こっていること、人を忘れてはならない、とドキュメンタリー映画を製作することを決意。

『Pray for Japan』(https://goo.gl/LWFoat)と題された映画は、日本をはじめ世界中で上映され、大きな反響を呼びました。また、以来、JENの活動もずっとサポートしてくださっています。
当日は、JENのスタッフも会場にブースを設けさせていただき、皆さまからのご寄付をお預かりしました。この日お預かりした寄付金は、総額で308,500円!本当にありがとうございます!
Img_2508
歌あり!ダンスあり!パフォーマンスあり!のとっても楽しい会となりました。
Aki_2971_2_dxo
写真:(C)Fumiaki Yamazaki   

Aki_3566_dxo
写真:(C)Fumiaki Yamazaki
Aki_3380_dxo
写真:(C)Fumiaki Yamazaki
Img_2514

Img_2591
Img_2680

Aki_3777_dxo
写真:(C)Fumiaki Yamazaki
Img_2688

Img_2673_2

Aki_2866_2_dxo
写真:(C)Fumiaki Yamazaki
この場をお借りして、スチュウさん、ご寄付頂いたご友人のみなさま、運営チームの皆さまにお礼申し上げます!

11月 30, 2017 サポーター, チャリティ企画, 市民の皆さまからのご支援, 東北 |

いつもご支援をありがとうございます!

Chabo04 みなさんは、Chabo!(チャボ:チャリティ・ブック・プログラム)をご存知ですか?

Chabo!は、ビジネス本の著者たちによるチャリティ・ブック・プログラム。ビジネス界を代表する皆さんのChabo!著書の印税の一部が、私たちの活動へのご寄付になります。

Chabookについては、こちらから。
.
***

さて昨日、Chabo!著者(わたしたちは、親近感を込めて、こう呼んでいます)の一人、久恒啓一さんにお会いしました。これまでに、8冊ものご著書をChabo!に指定いただいております。

面談メモをさっそく、先生のブログでご紹介くださいました。こちらから、どうぞご覧ください。

先生は、ものごとを図で考える思考術の先駆者です。(ビジョンを達成するために)共通言語として図を活用すると良いでしょう、とアドバイスいただきました。それだけではありません。他にも組織運営、人材育成、コミュニケーション術など、たくさんの貴重なアドバイスをいただきました。

超ご多忙にもかかわらず、貴重なお時間をいただきまして、本当にありがとうございました!
.
.
事務局長、黒木明日丘とのツーショットを記念に。

Img_4537
.

.
この機会に、Chabo!について知って下さい。Chabo!

Chabo02
.
これからもChabo!をよろしくおねがいします!
.

11月 30, 2017 Chabo!, サポーター, チャリティ企画, 市民の皆さまからのご支援, JENスタッフ |

2017年11月14日 (火)

VERYFes.2017様より、ご寄付をお預かりしました

VERYFes.2017

 雑誌VERY(光文社)の恒例企画、『VERYフェス』が、今年も9月に開催されました。

Imao_san_2017

 フェスの収益金をJENの東北3県での活動へ、とご寄付いただきました。

 この場をお借りして、VERY編集部の皆様、イベントにご来場くださった皆様へ、深く御礼申し上げます。上の写真は、VERYの今尾編集長と事務局長・黒木です。先日、JENの活動紹介とご報告に、お時間をいただきました。

 「年一回行われるVERYフェスで、読者さんから預かった寄付やイベント収益の一部をJENさんに寄付させていただくようになって7年。木山(JEN代表理事)さんとの出会いがきっかけで、JENのような活動があることを知り、いち早く、トランスペアレントな活動をされていることに共感しました」と、あたたかいメッセージをいただきました。

 お預かりしたご寄付は、東北3県をはじめ、世界6か国で行っている活動に大切に使わせていただきます。

 皆さまの温かいお気持ちを、支援活動に参加しているお一人おひとりに、たしかに届けてまいります。

 ありがとうございました。

                   JEN職員一同

▼ VERYについて、くわしくは、こちら(VERYウエブサイト)へ。

11月 14, 2017 サポーター, メディア, メディア配信, 企業・団体の皆さまからのご支援, 市民の皆さまからのご支援, 東北 |

2017年11月 2日 (木)

今年も参加しました、神楽坂まち飛びフェスタ!!

10月26日~28日の3日間、神楽坂まち飛びフェスタに参加しました!
JENがまち飛びフェスタに参加するのは今年で11回目、今年もBOOK MAGICとお宝エイドの紹介、そして本やお宝を集めさせていただきました。

「BOOK MAGIC(ブック・マジック)」とは…読み終わった本やCD、見なくなったDVDを回収し、その買い取り額をJENが実施する教育支援事業「スクールサポートプログラム」で活用させていただくものです。
「お宝エイド」とは…お家に眠る「お宝」(例えば使わなくなったブランドバックやアクセサリー、携帯電話・スマートフォン、金券や未使用切手など)の買い取り額を、JENの活動に使わせていただくものです。

残念ながら台風の影響で3日目は中止となってしまいましたが、初日からたくさんの方が本などを持って来て下さいました。おかげ様で本やCD・DVDなどを併せて、2日間で16箱が集まりました!

【1、2日目は天気も良く、イベント日和でした!】

1_img_3079

【みなさんからいただいたご寄付がどのように使われているのか、JENの活動についても説明させていただきました】

2_img_2449

また、今年は神楽坂の情報サイト「ひとまちっくす神楽坂」でもJENの活動について取り上げていただきました。>>>こちら

JENのブースに来て下さった方の中には、「処分しようと思っていたんだけど、寄付になるならと思って持ってきました。」と、往復してたくさんの本を持って来て下さる方や、足を止めて熱心に話を聞いて下さる方、いらなくなった本を店頭で回収してくださったお店もありました。
毎日通っていても、普段なかなか街の方々とお話しする機会がないのですが、まち飛びフェスタに参加することで、街の方々の温かさに触れることができ、街のイベントに出ることの楽しさと大切さを感じました。

【地域の方々とコミュニケーションを図る良い機会となりました。】
3_dsc00914


【カートを使って自宅からたくさんの本を持ってきた下さった方も!】

4_20171027_054454597_ios

このような機会を通じて、より地域の方々にJENのことを知っていただき、関係を築いていくことがでればと思います。

最後になりますが、ご寄付をして下さった方々、足を止めてお話を聞いて下さった方々、お手伝いをして下さったサポーターのみなさん、本当にありがとうございました。

【サポーターさんもJEN職員と一緒に頑張って下さいました!】

5_dsc00925


JENインターン
大澤

11月 2, 2017 イベント報告 |

2017年10月13日 (金)

グローバルフェスタ2017に参加しました!

2日間に渡って行われたグローバルフェスタに参加しました!
JENのブースでは各国での事業の紹介とともに、ヨルダンのザータリ難民キャンプに暮らすシリア難民の皆さんが作る映像プロジェクト『メディア・プロジェクト』の映像や現地の様子が体感できるVRも実施しました。


【JENのブースです!】
001_2

スタッフとして参加してくださった、たくさんのサポーターさんのご協力もあり、このイベント2日間で100名以上の人にJENブースに来場していただき、大盛況でした。
ブースにお越しいただいた皆さま、ありがとうございました!最初は緊張していましたが、ブースを見て足を止めていただけると嬉しくて、楽しく過ごさせていただきました!!


【VR体験中】
Vr1

Vr2

Vr3

多くの方が興味津々で体験してくれ、生のザータリーキャンプの映像に驚かれていました!VRのような皆さんがイメージしやすいコンテンツを今後も増やしていきたいです。
こちらから、貴方もVR体験できます!


【展示見学中】
002


「JENが現在活動している6つの地域について、クイズを通して知っていただこう」ということで、地図と写真の展示を作成しました。みなさん写真を見ながら楽しそうに問題を考えてくださって、正解した時は「お~!」と歓声がありました!
【IN TRANSIT】
In_transit

メディア・プロジェクトのブースではシリア難民の人びとが作成した映像と説明の展示をしました!女性が監督をした作品も上映しました。「これらの映像はネットにのっているんですか?!」との質問もいただきました。
そうなんです・・・メディア・プロジェクトの映像はこちらで見ていただけます!日本語字幕もついているのでみなさん是非、ご覧ください。
最後になりますが、ご寄付をして下さった方々、そしてグローバルフェスタのお手伝いをしてくださったサポーターのみなさん、本当にありがとうございました。
インターン
秋本

10月 13, 2017 イベント情報 | | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

JENサポーター筒井さん出張授業 2017


北海道在住、JENサポーター筒井さんが今年も小学生向けに出張授業を開催してくださいました。

筒井さんは2014年秋にヨルダンのシリア難民キャンプへ、東北へもボランティアに参加してくださいました。筒井さんご自身がJENの活動に参加し、体験されたお話でこの授業も3年目になりました。

テーマは、「3月11日 あの日を忘れない、それが一番の防災」です。地元小学校で卒業前の6年生に「東北石巻&ヨルダンのシリア難民」の2時限の授業をされました。

筒井さん、今年も出張授業をありがとうございました。

昨年の筒井さんの出張授業の様子はこちらから

20171012_su_
【上段:小学校での出張授業風景 下段:ヨルダンの難民キャンプで子どもたちと交流しました】

10月 12, 2017 サポーター |

2017年8月28日 (月)

【ZEPA】2017秋・入荷しました!!

あっという間に8月も終わりを迎えようとしており、秋が近づいてきましたね。
さて、今年もJENオリジナルの室内履き「ZEPA(ゼパ)」を数量限定で販売致します。

Zepa

「ZEPA(ゼパ)」とは、セルビアから届いた心のこもったハンドメイドの室内履きです。色はカラフルで、ウール100%、冷え性対策にもなる、他にはないオリジナル商品♪

今年は特にピンクや赤など、かわいい色のZEPAがたくさん届きました。

女性の方はもちろん、男性のみなさんも冷え性の奥さんやお母さん、娘さんにプレゼントすれば、喜ばれること間違いなしです!

20170831_su_small

本格的な冬が来る前に、寒さ対策を始めてみてはいかがですか??

こちらから、色や絵柄をお選びください↓

Img_2771

↑ ①赤×カーキ ②緑×グレー

Img_2772

↑ ③濃紺×白 ④白×赤 ⑤ピンク×オフホワイト ⑥ショッキングピング×白

Img_2773

↑ ⑦ブルー×黒 ⑧紫×白 ⑨黒×白 ⑩白×青

ご購入はこちらから!
※JENは旧ユーゴスラビア各地で、心のケア・収入創出事業として、手工芸品ワークショップを実施してきました。(詳しくはこちら。)

2004年にJENが撤退した後は、元JENの現地スタッフや難民・避難民の女性たちが現地NGOを作り、手工芸品の製作を続けています。売上金は、製作された難民・避難民の方に還元し、経済的自立の一助となります。

Zepa_

【ZEPAを作っているみなさん】

昨年のZEPA入荷時の記事はこちらから。

8月 28, 2017 旧ユーゴスラビア |

2017年7月27日 (木)

フリマで国際協力♪ /キフリマに参加していただきました!No.2


7月9日(日)に池袋西口広場で開催されたフリーマーケットに、立教大学生で構成された学生団体Re-Free さんが、キフリマに参加してくださいました!なんと、2回目の参加です!

 キフリマは、皆さんに国際協力に楽しく参加していただきたいとの思いから始まった寄付プロジェクト。JENが指定するフリーマーケット(東京リサイクル運動市民の会 のご協力の元、ブース費用が無料!です)に参加し、その売り上げをJENに寄付していただくというものです。

Re-Freeのみなさんは、前回の経験を活かし、出品する商品や販売の仕方について、こんな工夫をされたそうです。↓

「1回目の時は、出品した商品のカテゴリーが限られていたうえに、値付けの仕方もあまり分かりませんでした。そこで、2回目である今回は出品する商品のバラエティを増やし、フリマが開始する前に値段をしっかり決めておくようにしました」。

なるほど~。フリマには、意外と売るためのテクニックが必要ですからね。これからフリマ出店をお考えのみなさま、ぜひご参考になさってください!



真夏日だった、この日。写真↓を見るだけでも暑さが伝わってきます・・・!

0709

「つい暑さのことを忘れて、当日は熱中症になりかけてしまいました」。

なんと!それは危険。水分補給、休息が大切ですね。

「夏でも冬でもキフリマに参加できるように、室内・室外を気にして会場を選んでいこうと思います」。

長期的にキフリマを続けていきたいので、お客さんが商品を見やすいようにハンガーラックやテーブルを取り入れることも検討中です」。

すてきです!ありがとうございます!!

次回は、9月を予定しているそうです。

ぜひ、皆さんも立ち寄ってみてください。

このように継続的に活動していただけることは非常にありがたいです。これからもよろしくお願いいたします!( `・∀・´)ノ

次回の開催も楽しみです♪

キフリマに参加してくださる、個人の方、団体さま、大募集中です!

詳細はこちらから!ご応募おまちしております。


JEN インターン 秋本




7月 27, 2017 イベント報告, キフリマ, サポーター |