« 南スーダンの水事情・10月に「地球VOCE」で紹介されます。パート2 | トップページ | 手押しポンプ修理のトレーニング開始 »

2011年10月13日 (木)

トイレ建設は住民主体で

 今期事業の学校トイレ建設は、コミュニティ主体で進めます。そうすることで、学校トイレが壊れても、軽微な破損は自分たちで直せるようになりますし、必要であれば自分たちでトイレを増設することもできます。

 9月中旬に、建設に必要な技術訓練を村々の若手が集まって受けました。各村3名ずつ、モロボ郡では18名が参加していました。煉瓦の積み方、セメントを使ったトイレの床の作り方、セメントに混ぜる意志の見分け方などなど、学ぶことはたくさんです。

 村に戻ったら自分たちが率先してトイレを作ることになるので、みんな必死で学んでいます。
 これは、トイレの床になる鉄筋コンクリートの針金同士を結び付ける作業。

111013_morobo_slab_making_training_

 大きめに石を砕いて、セメントに混ぜるちょうど良い大きさにするのも研修の一つ。
かんかん照りの中、みんな実習用の材料を自分たちで一生懸命作っています。

111013_morobo_slab_making_trainin_2

 セメントと砂利を混ぜ合わせ、枠の中に流し込みいろいろ作業をした成果がここにあります。
 しゃがむ式のトイレなので、真ん中に穴をあけるため、そこらへんに転がっている材料が使われていました。
手前はセメントバッグの紙袋を丸めたもの、真ん中がプラスチック容器、一番奥は見えにくいですが土煉瓦が使われていました。

111013_jpf_morobo_slab_making_train

 見ていて驚いた作業の一つが次の一コマ。鍬を網の下において金づちでたたいていきます。
 これは、網を切る作業です。ニッパーの網を切る工具がない場合、このようにして切ることができることを教えてもらいました。
111013

 訓練所の裏では、料理係のおばさんがお昼ご飯を作ってくれていました。
 中身は豆シチュー。おいしそうです。
111013_morobo_slab_making_training

 この事業は、ジャパン・プラットフォームや支援者のみなさまの支援で進められています。

===== ご報告 =============
平成23年度 外務大臣表彰受賞しました。
これまで、JENの活動を温かくご支援くださいました、
支援者の皆様に、深く感謝申し上げます。
詳しくは、こちら
========================

10月 13, 2011 水衛生環境改善 |