« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月23日 (木)

2015年も引き続き、農業生計回復とコミュニティ支援を継続しています

 JENは、昨年に引き続き支援者の皆さまおよび日本政府のご協力のもと、3月22日から帰還民に対する農業支援とコミュニティ強化を通した生計回復支援を行っています。

 今回の事業地は、北部ムライティブ県で新たに1か所、キリノッチ県では新たに1か所、そして昨年と同じ地区で1か所です。

 そのうちの1つ、ムラティブ県オッディスダン郡オスィラマライ行政地区はまだ電力もなく、道も整備されておらず、街や市場へのアクセスも悪いのが特徴です。

オスィラマライ行政地区↓

20150723_sl_map1jpg_3

※Northern Provincial Councilホームページより引用

  オスィヤマライ地区は県境に接していて郡の中心からも遠いため、インフラ整備が遅れている地域です。

 20150723_sl_01jpg

  電線はありますが、電気は通っていません。

 

 もう一つの事業地、キリノッチ県パッチラパライ郡のヴァンボドゥカー二行政地区と、前期事業の事業地でもあったムハマライ行政地区は,、いまだ地雷撤去中ですが、部分的に地雷撤去が完了し土地が解放され、住民が徐々に戻ってきています。

地図↓
20150723_sl_05_map2jpg_2
※Northern Provincial Councilホームページより引用

20150723_sl_02jpg

 このヴァンボドゥカー二地区。避難先から帰還したものの、まだ仮設住宅に住み、住宅建設支援待ちの方が多いのが現状です。

20150723_sl_03jpg

 行政地区官の事務所もまだ仮設です。

20150723_sl_04jpg

 前事業地のムハマライ地区ではまだ地雷撤去作業が続いています。
 今年中には終わるとか終わらないとか。

 事業開始から約4か月が経ちました。
 ベースライン調査と受益者選定、そして第1回受益者ミーティングが完了し、これから様々な支援活動が実施されます。

 随時紹介いたしますので、ぜひフォローしてください。

 現地事業担当
 西田亜理沙


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

Sri lanka

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「スリランカ」とご記入ください*

7月 23, 2015 農業支援北部帰還民支援生計回復事業 |

2015年7月 9日 (木)

昨年度事業参加者の声

 インタビュアー: R.クガネサラサ(フィールドオフィサー)
 インタビューを受けた人:サヤンティニィ―(農協の書記、ムハマライ地区、25歳)
 インタビュー日:2015年6月12日

 JEN職員 「ワナッカム(おはようごうございます)! 農業協同組合の書記官として、農協の機能や周辺の人々にとっての利点を教えて下さい」 

 事業参加者「もちろんです。私たちの農協に訪問いただき、ありがとうございます」
 
「私はこの農協の書記官として、月1回行われる会議を調整し、その中で議事録をとったり、会議で取り上げられた課題を決断に向けてサポートしたり、といった役割を担っています。私たちの農協は今年活動を開始し、これで2回目の月例会議になります。現在、製粉機を用いて追加で製粉できるもの、機材の欠点、収入のさらなる向上について話し合いをしているところです 」 

「(利点についてですが)近隣住民はお米やとうがらしを製粉しにやって来ます。1日に3~4世帯ほどが訪れます。以前は近くの町まで行っていましたが、私たちの農協で製粉を行うようになって、時間を短縮し、無駄な支出を減らすことができるようになりました」

 JEN職員「(事業参加後)村で感じた変化や発展についても教えて下さい」 

 事業参加者「私たちの村についてですが、未だに村に戻ってくる帰還民がいます。(一方で)、過去に日雇いの仕事で生計を立てていた人々はある程度は定職につき、幸せに生活している人もいるように見えます。 そして、ほとんどの世帯が恒久住宅を持ち、互いに協力的になったように見えます。人々は今自由に動きまわれるようになり、治安の問題もありません。 このように生活環境を楽しめるようになったことは大きな変化です」

「製粉機のオペレーターの代わりに食料を製粉させてもらった時は嬉しかったです。理由は、その時この農協が私たちの村に属しているということを実感できたからです。なので、村のために働けるこの仕事を贈り物であるかように感じています。私は全ての農協メンバーが手と手を取って助け合い、社会向上を築けるようになったら嬉しいです。 この農協の活動がさらに広がって、近隣の村の人たちも恩恵が得られるようになることが私の夢であり、楽しみです」

 【JEN現地スタッフが農協の建物の前で、農協の書記にインタビュー中】
20150709_sl_01jpg





【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

Sri lanka

7月 9, 2015 北部緊急支援農業支援生計回復事業 |