« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月27日 (木)

自分たちで工夫

 2013年12月のことです。

  井戸の建設が完了した後には、その井戸を利用する住民で構成した井戸管理委員会に対して、給水ポンプとホースを配布しています。その井戸の利用状況を確認しに行きました。

ところが、驚いたことにほとんどの住民は給水ポンプを利用していませんでした。

それもそのはず、受益者の方曰く、
「雨季は農作物を育てる水は雨から得られるので、給水ポンプを使うほどの水量はまだいらない。雨が降らなくなったら使い始める」
とのことでした。
 その代わりに自分たちで滑車を設置して足りない分を手作業で汲み、ポンプを動かすための燃料代を節約していました。滑車は手作りで、使えなくなった電気メーターやバイクの歯車を流用しています。

【滑車が設置された井戸】

140327_wisdom_to_the_well

 このようにJENの支援をさらに自分たちで工夫して活用している様子を見ることができ、うれしく思います。

  また、井戸は2世帯で1基を共有しますが、やはり、よいと思えることは積極的に真似しあうようで、滑車を設置したお向かいさんも必ず滑車が設置されていました。

 このような機会から隣人同士の信頼関係を取り戻し、村全体、地域全体へ信頼感が戻ることを切に願います。

【お向かいさんも真似します】
140327_imitation

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

3月 27, 2014 井戸建設・修復 |

2014年3月13日 (木)

現地の方へのインタビュー 北部

 私には妻、息子と2人の孫と共に、ムライティブから65km離れたサンパットゥヌアラ郡のガジャバープラで生活しています。1992年には地雷で片足を失ってしまいました。

 私は米作のシーズンに日雇い労働者として働くことでほとんどの生計を立てています。そのため、家庭菜園で自分たちの食べるものを作りたいと考えていました。そんな時にJENが野菜の種の苗を配布してくれました。そして、提供された井戸で栽培を始めることができました。
 自分たちで作った野菜で食を満たすことができることを大変うれしく思います。

 このような機会を設けてくれたJENと日本のみなさんに深く感謝しています。今後、みなさんのことを忘れることはないと思います。また、他の家族と交流するサポートをしてくれたことも幸せに感じています。

【インタビューに答えてくれた方の家族と井戸】
140313_northern_beneficiary
 

【配布した種で耕した菜園】
140313_home_garden

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

3月 13, 2014 北部帰還民支援 |