« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月19日 (木)

北部事業視察のご報告

 北部事業の様子をご紹介したいと思います。

 北部でも東部と同様に、支援者の皆さまからのご寄付および、外務省の資金協力のもと、
① 農業給水支援として農業用井戸建設と給水ポンプの配布、② 井戸管理委員会の立ち上げとコミュニティ強化のためのワークショップ を開催し、生計の向上・安定の支援を行っていますが、東部とは違った難しさがあります。

130919_geology_of_north

 井戸建設の上での違いは地質です。
 東部の地質は硬い岩盤を含んでいるためドリルを使いながら掘っていますが、北部ではそれが不要です。ただ逆に柔らかい土壌であるため、掘った周囲が崩れてしまう問題が度々発生しています。

【崩れてしまった井戸】
130919_collapsed_well

 また、井戸をコミュニティで共同管理するように勧めていますが、住民が井戸の共有に対して抵抗感があるようで、井戸を設置した土地の所有者が「今日は十分な水が湧き出ていない」と言ったりして占有してしまうことを懸念していました。
 そこで、井戸を共有する世帯の土地の境界上に設置し、共有する世帯同士、遠慮なく井戸を利用できる環境を整えつつ、共有に対して理解してもらえるように話し合っています。
 
活動に参加する人びととのコミュニケーションは、井戸を建設する村から選出したコミュニティワーカーが中心に行っています。自分の村出身者が主体となって調整していることも、コミュニティ強化のひとつとなっています。

【コミュニティワーカーたち】
130919_comunity_wokers


 スリランカ事務所 総務経理担当 那須田



【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

9月 19, 2013 農業支援北部帰還民支援井戸建設・修復 |

2013年9月 5日 (木)

北部:雨と農業井戸建設へのチャレンジ

 ムラティブ県のプドゥクリルプ郡、ビシュワマドゥ サウスおよびイースト地区では今、生計支援に向けた事業で農業井戸を建設中です。 

130905_excavated_well_collapsed_at_


 およそ2分の1エーカーの土地を所有している低所得者世帯にとって、一年を通して水はとても重要です。深さ25フィート・直径12フィートの井戸の建設に向けて、掘削が開始されています。

130905_high_water_level_in_excavate

 今年前半の豪雨のために地面の水位が上がり、困難に直面しました。水を吸い上げる作業に時間を取られ、より高い馬力の給水ポンプを使用しなくてはいけなくなるという状況に陥りました。業者は協力的で、この地域の人々を助けたいという思いから、余計にかかった費用をカバーしてくれたケースもありました。

130905_tractor_has_been_used_to_rem

 私たちは日々いろいろな問題に直面し、その対応にチャレンジしています。 それを見ている住民たちは私たちにとても感謝してくれています。

 テクニカルオフィサー ケーサバン



【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

9月 5, 2013 農業支援北部帰還民支援井戸建設・修復 |