« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月21日 (木)

北部:質の高い支援を行うには

 戦火を逃れ国内を避難していた人々は、家や財産など全てを失ってしまっていることが多々あります。そういった人々を支える私たちJENの仕事は、常に質の高いものであることを追及しています。

 井戸修復を開始する前には、業者や地元から採用したコミュニティ・ワーカー(CW、 過去の支援速報を参照下さい:2010年9月9日、2010年9月22日、2011年9月29日)、修復した井戸の維持管理を担う井戸管理委員会(WMC)のメンバーへ、何故JENは「仕事の質」を求めるのか、何に基づき「質」をはかるのかといった事を共有する時間を設けます。
特に建設の専門家でないCWやWMCへは、JENの技術系スタッフが教材を作りレクチャーを行います。

120621_explanation_seesion_about_qu


 修復作業が開始すると、JENの技術系スタッフだけでなく、フィールド・オフィサーやCWも全体の進捗に加え、セメント・ブロックを作る際の砂・セメント・メタルの比率など「質」を落とさぬよう細かく作業を確認します。

120621_plastring_mixture_2


 こうして完成した井戸は地元の人々の手に引き渡されます。しかし、JENはここで引き揚げません。6か月後最後の品質調査を行います。この時に万が一建設工程が原因で生じた欠陥があった際は、再度その部分を修復します。

120621_thevipuram_ta_is_giving_orin


120621_thevipuram_reovated_well_mea



120621_thevipuram_reovated_well_m_3


これが私たちの追及する質の高い支援です。

6月 21, 2012 北部帰還民支援井戸建設・修復 |

2012年6月 7日 (木)

【東部】給油価格の高騰と農業井戸建設の進捗

 2009年に紛争が終わり、平和も戻りつつある中、スリランカでは今年2月からの原油価格高騰の影響で、ありとあらゆる物価が上がり、人々の生活を苦しめています。 

 一方、東部バティカロア県では未だ水資源の確保という基本的な課題が残されていますが、外務省および日本のサポーターの皆様のおかげで、プロジェクトは3年目に入りました。

 5月14日よりバティカロア県ウェラウェリ郡から掘削作業を開始しました。一般的にバティカロア海岸沿いでは3メートルも掘れば水が湧き出てきますが、この地域ではおおよそ9メートルの深さまで掘る必要性があります。写真はキラン郡クドゥミマレ地区(トッピガラ地域と呼ばれ、東部の最後の紛争地域であり、LTTEの拠点であった)で、5月17日に開始された掘削をJENスタッフがモニタリングしている様子です。
120607_17th_may




 この写真はウェラウェリ郡での掘削の様子です。削岩機を用いています。
120607_16th_may





5月211日からは水量調査を実施しています。写真はキラン郡での調査の様子です。
120607




 石工の材料の価格の変動で、再度業者との交渉が発生し難航していましたが、5月30日からはウェラウェリ郡での石工作業も開始されました。
120607_2




 現在JENバティカロア事務所は、10月以降の第一雨季を前に全31基の石工作業をなんとか終わらせようと奮闘中です。今後も皆様からの温かいご支援のほどよろしくお願いいたします。

6月 7, 2012 東部帰還民支援井戸建設・修復 |