« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月24日 (木)

風邪のひきはじめと言えば

 日本でしたらお馴染みの漢方薬がすぐ浮かんできますよね。ここスリランカでも「風邪のひきはじめにはコレ」というものがあります。現地の人はもちろん、多くの在スリランカ日本人の方々もご存知なのではないでしょうか。

 箱の両側面にはそれぞれシンハラ語・タミル語で「100% Natural Safe Herbal Remedy (100%天然・安心な植物性生薬)」と記載されています。

120524

120524_2

 


 
 コリアンダー、生姜、胡椒、クミン等々が入っており、とっても癖のある飲みづらいものではないかと、今日まで避けてきました。が、ここ1週間近く微熱が下がらない私は今日ついに意を決して口にすることに。

 1回分に小分けされた中身は簡単にお湯で溶けました。味は想像していたのと違い、ほんのり甘くとても飲みやすいハーブティーでした。次からはもっと早めに飲んでおこう。

5月 24, 2012 文化、生活、習慣 |

2012年5月10日 (木)

川を越えるのも一苦労

 ジェンは現在、ムラティブ県にあるデビプラムという沿岸の村で井戸修復・清掃を行っています。

 村には川が流れ、人々は内戦前からある鉄筋の橋を使い行き来していました。しかし一夜にしてこの橋が無くなってしまいました。内戦後この辺りでは、壊れた車や自転車等々が山の様に放置されていて、こういった物を集めお金に換えている人がいるのですが、どうやらこの橋もそういった人に持ち去られてしまった様です。

 村の人々は木の板を渡し、橋の代わりとして使用するようになりました。小学生の時体育館に平均台はありませんでしたか?まさにこの板は平均台程の幅しかありません。慣れないジェン・スタッフは、怖がってためらっていました。しかし、ジェンの支援を必要としている人々は川の向こう側です。川を越えない訳にはいきません。

120510_field_fo

120510_community_worker

 狭いところをバランスを保ちつつ歩く練習をし、今ではカメラに目線を送る余裕が出来る程になりました。

120510_field_officer

5月 10, 2012 事務所・スタッフ井戸建設・修復 |