« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月18日 (木)

カーリー・アンマ祭での出会い

 ワウニヤ事務所をかまえるこの地域で、カーリー・アンマのお祭りがありました(8月10日)。

 カーリーとはヒンドゥー教のシバ神の妃パールバティーの憤怒相といわれ、戦の女神とされています。
 アンマとはスリランカの言葉でお母さんという意味です。パールバティーは象の顔で知られるガネーシャの母に当たります。

 賑やかな音楽が聞こえてくると、山車やヒンドゥーのお坊さんらがやって来た合図です。

110818

 各家庭では玄関先にお米やバナナなどお供え物をして待ちます。
 真ん中に見えるのはココナッツの実です。

 この家のおじいさんから「この実は三つの部分からできていて、人間に必要なものを示しているんだよ。一番外の硬い殻は人間の心を表し、実は生きていく為の食べ物であり、水は生活には不可欠なものだ」と教わりました。

110818_2

 さて一行は女の子が先頭を歩き、楽隊、お坊さん、山車という順に続きます。バラモンは一軒一軒立ち寄り、お経をあげ、お供えしてある蝋燭を手に家の人たちへ煙を浴びせます
(日本人がお寺の香炉でやるような感じです)。

110818_3

 その後お供え物を家の人、山車の人、その他一行に分け与え別の家へ向かいます。

 お坊さんの到着まで質問に丁寧に答えてくれたおじいさんから、「自分たちの宗教を知ろうとしてくれてありがとう」と別れの言葉をかけられました。
そしてお坊さんからは、明らかに異教徒である私にまで煙を浴びるよう笑顔で勧められました。

 今日のカーリー祭でここに住む人の心の広さに心を打たれました。

====== ご報告 =============

平成23年度 外務大臣表彰受賞しました。

これまで、JENの活動を温かくご支援くださいました、
支援者の皆様に、深く感謝申し上げます。
詳しくは、こちら

========================

8月 18, 2011 文化、生活、習慣 |

2011年8月 4日 (木)

結婚式

 先日コロンボ事務所で働くスタッフが結婚式を挙げました。日本と違う結婚式模様をお伝えしたいと思います。

110804_2

 やはりまず一番は衣装でしょうか。ウェディング・ドレスは、純白に金糸のサリーで頭にはロング・ベールをかぶります。

110804_3

 お式よりも、披露宴で文化の違いを強く感じました。
まず、席次表がないので招待客は来た人から順に好きな席に座っていきます。開始時間は設定されていますが、実際自分の都合に合わせて何時からでも参加できるようでした。のんびりゆったり時間が流れるスリランカらしい一面でした。

110804_6

 司会者もおらず、音もなく会場に現れたカップルは、まっすぐケーキに向かっていきます。家族に囲まれながら入刀している光景は、この国の家族の絆の強さを感じさせました。

 また、お食事はバイキング形式だったのですが、ウェディング・ドレスを着た新婦までもが自分で取りに行っているのには驚きました。アナウンスもなく新郎新婦がお色直しのため退席した後は、ダンス・パーティーの始まりです。老若男女みんなが楽しみます。

110804_5

 こうして6時間の結婚式・披露宴は終わるのでした。

====== ご報告 =============

平成23年度 外務大臣表彰受賞しました。

これまで、JENの活動を温かくご支援くださいました、
支援者の皆様に、深く感謝申し上げます。
詳しくは、こちら

========================

8月 4, 2011 文化、生活、習慣 |