« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月24日 (木)

【北部】ジェンにかかわり1年‐ムクンタン

 スリランカ北部のワウニア県ワウニア郡で1月から始まった井戸の修復(*1)は、3月上旬にようやくスリランカ政府から活動許可が下りて、本格的に活動が始まりました。その活動の主軸となっているのが、本日ご紹介しますプロジェクト・オフィサーのラージャラトナム・ムクンタン(37歳)です。ムクンタンは、4才の娘と奥さんがいて、ヒンズー教を信仰しています。110324_201012_2

「私が9歳のころから紛争が激しくなりました。私の家は反政府地域につながる幹線道路沿いにあったので、治安関係者による夜間の強制家宅捜索を受けたり、戦闘のために2~3日、知り合いの家に避難しなければならないといったことがしばしばありました。そして、1990年には、戦争のためとうとう家族とともに家から逃げなければならず、それから避難・避難の生活です。その時の自宅はまだ政府軍の警戒地域にあり、戻ることができません。

 若いころは会計士になろうと思っていました。そのころ商業・会計コースが学科に新設されおもしろそうだったからです。ですが、私が住んでいたところは反政府軍の影響下にあったため、会計の勉強ができるコロンボに出ていくためには保証人が必要だったのです。しかし、コロンボに知り合いがいないため、コロンボに行くことができませんでした。唯一出てくることができたワウニア市にはその当時、会計事務所さえありませんでした。会計の勉強はしていたのですが、働くところもそれほどなかったので、その頃ボランティアをしていたスリランカ赤十字で働き始めました。

 もともと、紛争の影響で周りに厳しい環境にいる人々が多かったため、そのような人々を支援するのが好きでした。小学校の頃もボーイスカウトのようなグループに入って活動もしていました。今、ジェンに入って人道支援を続けていけて満足しています。娘にもぜひ会計士ではなく、ソーシャル・ワーカーになってもらいたいと願っています。」

(*1 この井戸修復支援はジャパン・プラットフォームやみなさまのご支援で進められています。)

3月 24, 2011 北部緊急支援 |

2011年3月10日 (木)

【東部】外務省調査団をお迎えして

 東部バティカロア県ですすめている生計支援事業は、みなさまの支援とともに外務省のNGO連携無償資金も活用して進めています。1月、2月の大雨もおさまり、3月からは農業用井戸の掘削を開始すべく準備を進めているところです。

 3月4日には、昨年の事業と今年実施中の事業の視察のため、3名の外務省調査団の方々がバティカロア県の事業地を訪問されました。昨年の事業地である2つの村で完成した農業用井戸を確認し、井戸の使用者に感想などをお聞きになっていました。

~キラン郡イルッパヤディムンマリ村にて~

20110310__2

徒歩で村へと向かう

20110310__3

住民から話を聞く

20110310__4

建設した井戸の前で話を聞く

 調査団の方からは、最後に「初めて会う住民の方々が私たちに親しみをもっていろいろと話してくれたところに、ジェンと住民とのよいかかわり方を感じました」というお言葉をいただきました。

 日本の支援者のみなさまがスリランカにいらっしゃる際には、観光地からはちょっと遠いですが、ぜひジェンの事業地まで足を延ばして人々がどのように生活しているか知っていただければ、と思います。

3月 10, 2011 東部帰還民支援 |