« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

【東部】自立を後押しするために

091029_20091027_livelihood_2_kick_o  東部バティカロア県での帰還民支援では、井戸を掘削する村の選定、村の経済的・社会的状況の詳しいデータ収集、関連する行政との調整など、順調にプロジェクトが進んでいます。対象とする村での本格的な活動をはじめるにあたって、スタッフ全員で事業目的や、目的達成のためのアプローチの仕方などを再確認・共有するためのワークショップを開催しました。

 ジェンの事業は、ものの配布や建設だけに終始するのではなく、コミュニティの強化と自立を後押しすることを目指しています。コミュニティの自立を後押しできるかどうかは、事業にかかわるスタッフの手腕とビジョンの共有にかかっていると考えているため、しつこいかもしれない・・・と思うほど、事業目的や成果のイメージをスタッフ全員で共有するようにしています。

 このワークショップも、国際スタッフや現地スタッフのマネージャーが一方的に話すのではなく、スタッフひとりひとりに考えを話してもらえるように工夫しました。また、小グループにわかれ、3年後に、現在、支援している村がどうなっているかを具体的にイメージしてもらい、それを発表してもらいました。

 各グループとも、3年後のイメージを絵に描きましたが、そこには収穫されたたくさんの野菜をマーケットで売る様子、住民のコミュニティが活発に活動している様子、住民が協力して平和に暮らしている様子などが描かれていました。

 このセッションでもっとも印象的だったのは、どのグループもとても楽しそうに作業をしていたことです。もちろんこれは「ジェンのスタッフによる成果のイメージ」であって、事業参加者に押しつけるものではありません。事業対象者自らが私たちと同じように、わくわくしながら自分たちの村の3年後のポジティブな変化を具体的に思い描けるよう、サポートするのが私たちの役割です。

 「今日は事業についての明確なアイディアを、スタッフ全員で共有できました。今度はこのようなことを事業参加者である村の人々と一緒にしたい」と、現地スタッフのマネージャーがワークショップを締めくくってくれました。
(プログラム・オフィサー 山中嶋 美智)

10月 29, 2009 心のケア東部帰還民支援 |

2009年10月22日 (木)

【北部】避難キャンプで生きる

091015_name_board_for_commhall  先日、給水活動のモニタリングのため避難民キャンプへ行ったときに、57歳の女性と出会いました。彼女は7人の子どもの母親で、避難前の生活や今の状況について話してくれました。

 「私は2009年4月19日にLTTE(反政府勢力)の支配から政府地域に逃げてきました。

政府地域に入る以前の私たちの生活は非常に厳しいものでした。戦闘のため自分たちの村を離れなければならず、そのうえ、避難先でも戦闘地域に囲まれていて支援の手が少なく、地雷の心配もありました。政府地域に入るには、この戦闘地域を越えなければいけませんでした。

政府地域に入ったあとで、ここ、ワウニア県の避難民キャンプに収容されました。ここでの生活では、食料や水、衣類などいろいろな支援が届いています。

しかし、まるで鳥小屋の中にいるようです。大きな有刺鉄線に囲われ、監視の目も厳しく、外に出る自由がありません。親戚に自由に会うこともできません。

ここには地雷におびえなくてもいい平和な生活がありますが、自由がないのです」
(ワウニア事務所フィールド・オフィサー)

10月 22, 2009 文化、生活、習慣北部緊急支援 |

2009年10月15日 (木)

【東部】マルカンドゥ・クマールさん一家

091015_kumar_and_his_family_20091_2  バティカロア県ワカライ郡サラティブ村でのジェンの衛生事業をとおして、村の人びとの生活はよい方向へ変化したようです。事業参加者のマルカンドゥ・クマールさんが、喜びを打ち明けてくれました。

 「私の家は、父、妻、子ども、私の4人家族です。以前は用を足すために森の中へ入らなければいけませんでした。家から森まではかなり離れているため、夜にトイレに行かなければいけないときは、とても困っていました。子どもはまだ小さいので、子どもに用を足させるのも一苦労でした。

 先日、ジェンの支援でトイレが完成しました。必要なときに、いつでもすぐにトイレに行けるようになり、とても助かっています。環境も汚さずに済み、また私たちの健康にもつながります」

クマールさんは、満足げに話してくれました。
(スジダラン、ワラチェナイ事務所フィールド・コーディネーター)

10月 15, 2009 東部帰還民支援 |

2009年10月 8日 (木)

【東部】コミュニティ・ホールの引き渡し

 バティカロア県キラン郡では、Chabo!に集まったご寄付でコミュニティ・ホールを建設しています。そして、このたび、昨年より活動を行っているコミュニティに引き渡しを行いました。

 このコミュニティは、ジェンのプロジェクトを通して、住民組織の活動が活発になってきていました。ところが、人びとが集まって活動できるスペースが非常に限られていることが課題でした。近くに公共の建物がほとんどなかったため、これまで住民は、木の下などに集まっていました。酷暑、強風、豪雨などという厳しい自然環境や、時には木の上から毒をもった危険な蛇が落ちてくることもあり、安心してコミュニティ活動ができる状態ではありませんでした。

 「いままでずっと、公共の建物が欲しいと思っていたので、 とても嬉しいです。これからは今まで以上にミーティングが行えますし、移動クリニックに来てもらうこともできます。」と、住民組織の代表が話してくれました。

これからこのコミュニティがどのように更なる自立発展をしていくのか、モニタリングに行くのが楽しみです。

10月 8, 2009 東部帰還民支援 |

2009年10月 1日 (木)

【北部】避難民キャンプで出会った子どもたち

090528_low  給水活動のモニタリングのため、ワウニア県の避難民キャンプを訪れたときに、7歳から9歳くらいのふたりの女の子がボール遊びをしているのを見かけました。ところが、彼女たちはうまくボールを拾ったり投げたりすることができません。なぜならひとりは片足がなく、もうひとりは右手の指がなかったからです。

 私はキャンプを訪れると、給水車のところへ水をとりに来たり、薪を集めたりする人々の顔や様子を観察します。あてもなくキャンプ内を歩き回っている人もいます。彼らが生活に満足を感じているのか、あるいは悲しいのか、私には推し量ることができません。

 私がボール遊びをしている子どもたちに近づいていくと、彼女たちは遊ぶのをやめて、私の方を見上げました。名前はデヌージャとプリヤといいました。

 片足を失ったデヌージャは、寡黙です。足は去年の終わりに失いました。そのときの経験―武器や戦争を思い出すことを嫌い、避けようとします。その代わりに、生まれ育った村の懐かしい風景や、飼っていたペットのことを思い出して過ごします。でも村やペットが、いまどうなってしまったのかはわかりません。彼女は、足だけではなく、未来への希望も失ってしまったのです。

 プリヤは、今年の初めごろに、右手の指を失いました。彼女は、指はまた生えてくると信じています。指がなくなってしまったことを大変なことだとは感じておらず、再びボール遊びに熱中し始めました。私は、何も言うことができませんでした。

(プラダバン、ワウニア事務所フィールド・オフィサー)

10月 1, 2009 北部緊急支援 |