« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

コミュニティの参加

090730_clip_image0022     「必要な時に、すばらしい仕事が行われた」

 写真は、ジェンが復興支援を行っているクダムネカル村の村人たちが集まって、放置され使えなくなってしまっていた井戸を清掃しているところです。この井戸は、もともと飲料水用の井戸だったようですが、人々が紛争の影響で避難していた2年以上ものあいだ顧みられることがなかったため、使えない状態になっていました。

 ジェンは、スリランカでは、紛争の被害にあったコミュニティに対して、家庭菜園や漁業・農業復帰支援などさまざまな分野でコミュニティ強化のためのワークショップを行ってきました。更に、モニタリングに訪れるジェンのスタッフが、コミュニティが団結し、リーダーシップ、コミュニケーション、マネジメント、活動計画策定、マーケティングや住民組織に必要な文書の作成などのスキルを身につけられるよう、手助けをしてきました。090730_clip_image002_3

 このような活動の結果、村人たちの生活に大きな変化が見られるようになりました。村人たちは、外からの援助に頼らずに、自分たちの資金と労働力で、井戸の清掃を行ったのです。この達成は、今までの活動の成果の一つなのだと思います。

 そして、コミュニティが自信を回復し、自立していくことが、ジェンの目指す心のケアにつながっています。

(ナガラジャ ワラチェナイ事務所フィールド・オフィサー)

緊急支援への募金へのご協力をお願いいたします。

クレジットカードでのご寄付はこちら

「母の日のブーケが野菜の種に」スマイルシーズ観察日記はこちら

7月 30, 2009 東部帰還民支援 |

2009年7月23日 (木)

避難民キャンプの様子

090528_low  ワウニアの避難民キャンプでの食事について、お話したいと思います。

 現在は、グループごとに調理をしています。訪問したコミュニティ・キッチンでは、5人の大人(避難民)が大鍋を使って夕食の準備をしているところでした。この日のメニューは、ピットゥという小麦粉とココナッツを使った蒸しパンのようなタミル料理です。援助機関から届けられる食糧や、JENなどが運ぶ飲料水を使って調理をします。このキッチンでは、300家族分(約1,100人)の食事を作っているとのことでした。

 支援に頼る生活の一方で、キャンプ内には野菜や雑貨、婦人子ども服などを売る商店が何軒もあります。また、移動式の銀行(!)もあり、家族や親せきからの送金を受け取ることのできる避難民もいます。キャンプ内で事業をモニタリングしている最中にも、移動式銀行の車両が営業中を知らせるアナウンスを流しながら通り過ぎていきました。

 JENは、避難民の人々が1日も早くもと住んでいた場所に戻り、生活を再建するための活動を続けていますが、一方で、時間の経過とともに、キャンプの中にはこのように恒久的な生活を営むための設備も見受けられるなど、実情は非常に複雑です。

緊急支援への募金へのご協力をお願いいたします。

クレジットカードでのご寄付はこちら

「母の日のブーケが野菜の種に」スマイルシーズ観察日記はこちら

7月 23, 2009 北部緊急支援 |

2009年7月16日 (木)

東部でも支援を続けています!~トイレ建設の起工式~

JENは北部ワウニア県での緊急支援と同時進行で、東部バティカロア県での復興支援も続けています。
2007年から2008年にかけて、私たちはワカライ郡で帰還民支援を行ってきました。
ワカライ郡の復興はかなり進んでいるものの、郡の最南端にあるサラティブ村は復興支援から取り残された状態で、衛生施設が整っておらず、特に雨期に衛生状態が悪くなるという現実がありました。

今回、国際ボランティア貯金からの助成を受け、サラティブ村に50基のトイレを建設するとともに、住民に対して衛生教育を行います。
事業を開始する準備がすべて整ったので、事業に参加する人たち、地域の行政関係者などが集まり、村の宗教的リーダーによるヒンドゥー教式の起工式が執り行われました。

起工式を行った家のドン・ジョーセフさんには、奥さんと生まれたばかりの子どもがいます。
「これまでは、家の敷地内の物陰か、少し離れたジャングルまで行って用を足していました。これからはその必要がありません。妻も夜間に安心してトイレに行けるようになります」と話してくれました。

20090715

7月 16, 2009 文化、生活、習慣東部帰還民支援 |

2009年7月 9日 (木)

ともに働くために大切なこと

090709_jen_bowser_low   7月7日現在JENは、北部ワウニアの避難民キャンプで17台の給水車を使用して給水活動を行っています。

 新しい場所で新しい活動を始める際は、拠点となる事務所とその機能をセットアップしながら同時進行で活動を進めていかなければなりません。なかでも活動の中核を担う現地スタッフのリクルートは、最も大切な仕事のひとつです。

 今回、ワウニアで行った4人のフィールド・オフィサーの採用面接は、2005年以来、JENで働いている現地人のオペレーション・マネージャーとともに進めました。多数の応募の中から4人を選んだのですが、オペレーション・マネージャーとプログラム・オフィサー(筆者)との間で完全に意見が一致し、速やかに決定・採用という運びとなりました。090709_20090703_staff_meeting_in__2

 私たちが新しい仲間を選ぶうえで大切にしていることは、「支援を受け取る人の隣まで行って、支えることができる人」です。オペレーション・マネージャーとこの価値観をしっかり共有できていることが実感でき、とても嬉しく、また頼もしく感じたできごとでした。

 新たにJENに加わった4人のフィールド・オフィサーは、毎日遅くまで、熱心にプロジェクト活動に従事しています。

緊急支援への募金へのご協力をお願いいたします。

クレジットカードでのご寄付はこちら

「母の日のブーケが野菜の種に」スマイルシーズ観察日記はこちら

7月 9, 2009 緊急支援 |

2009年7月 2日 (木)

水のニーズ

090528_low  6月30日現在、ジェンはスリランカ北部ワウニア県で14台の給水車を使った給水活動を行っています。

 ワウニアの避難民キャンプは、人が非常に密集して暮らしています。避難している人々の仮の住まいは薄いビニール・シートでつくられたテントで、この時期は風が非常に強く、ビニール・シートは頼りなげに風に翻っています。

 このキャンプ地が生活の場であるため、人々はテントの密集したこの場所で煮炊きをしなければいけません。そのため、キャンプは火事が起こる可能性が極めて高い状況にあります。

 先日もキャンプ内で火事が発生しました。この緊急事態に対応するため、キャンプ内の水タンクに給水する予定であったジェンの給水車6台が出動し、火を消し止め、何とか大事には至りませんでした。

 飲料水や洗濯・水浴びの水のニーズが高いのはもちろんですが、生活の様々な場面において水は必要不可欠なものであることを再認識した事件でした。

緊急支援への募金へのご協力をお願いいたします。

クレジットカードでのご寄付はこちら

7月 2, 2009 緊急支援 |