« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月18日 (木)

常夏スリランカのクリスマス

20081218_xmas_deco_in_batti_2_low  年末も押し迫り、常夏のコロンボは今、クリスマスに彩られています。仏教徒が7割近くを占めるスリランカに、キリスト教徒は7%しかいません。しかし、多くの人が日本と同じようにクリスマスを楽しんでいます。

 コロンボの大きなお店は大勢の人でごった返し、イスラム教徒の女性も腕一杯に安くなった商品を買い込んでいます。バティカロア県に行くと、教会のある町は写真のようにかわいい(?)クリスマス商品が所せましと並べられています。

 スリランカは、仏教、ヒンズー教、キリスト教、イスラム教が共存する国。キリスト教のイエス・キリストの誕生を祝うのがクリスマスであれば、仏教のブッダ生誕を祝うウェサック(Wesak)祭、イスラム教のモハメッド生誕の日もこの国では祝日です。多神教のヒンズー教には教祖たる人はいませんが、いろいろな祝日があります。残念ながら日本で最近有名なガネーシャの祝日はありませんが。

 現地の人材を最大限に活用するため、休日・祝日も現地のカレンダーに沿ってジェンは活動しています。1月1日も営業日です。来年のスリランカの休日・祝日を知りたい方はこちら(英語)をご覧下さい! 
 

 今年1年間、皆様の温かいご支援ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

12月 18, 2008 文化、生活、習慣 |

2008年12月 4日 (木)

予行練習のススメ

20081204research_training_3_low  ジェンは支援活動を行うにあたって、さまざまな調査を行います。現地の住民のニーズを特定して優先度を決める調査、事業を実施する前に支援地の状況を知るための事前調査、そして事業後に行う評価のための調査などです。数字で測れるものではなく、質的な状況を知るための調査は特に難しく、調査者のスキルによって得られる情報に差が出てきてしまいます。

 調査の質を向上させるため、行う直前に内部でトレーニングを行いました。経験豊富なスタッフが村人役になり、実際に調査を行う若手のスタッフが質問をし、他のスタッフがその様子を観察して、よかった点や改善したほうがよい点を話し合うのです。

 村人役のスタッフの演技力と貫録(?)は、なかなかのもの。「実際の場面をリアルに想像できたので、とてもためになった」と、若手スタッフも話していました。支援を受ける人のいちばん近くまで行くスタッフの働きは、事業成功の要です。さまざまなバックグラウンドを持つスタッフが最大限に能力を発揮できるよう、これからもサポートしていきたいと思います。

12月 4, 2008 心のケア事務所・スタッフ |