« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月19日 (木)

お久しぶり、住み慣れた街

080617  こんにちは、コロンボ事務所の事務所長代行兼アドミニ・ファイナンスオフィサーの西丸崇です。5月28日に赴任しました。スリランカは、前職で昨年7月まで3年間働いていた国ですが、一年も経たないうちに帰ってきました。

 商都コロンボは、以前に比べ兵士や警察の数が増えています。また、バスやタクシーが検問のために止められるなど、警戒の高さを肌で感じています。物価についても、原油高と戦争などの影響でしょうか、物がのきなみ値上がりしています。その一方で、マンションなど新築の瀟洒な建物が目立ち、スーパーの品揃えもより豊富になるなど、国の発展を感じることもあります。住み難さと住み易さが同居する街、コロンボです。

 今回は家族(妻と子ども2人)を連れての赴任ですが、精一杯にスリランカと日本を繋げていきますので、応援よろしくお願いします。

(写真:右から西丸、ペレラさん(総務))

スリランカのお母さんたちが挑む、野菜栽培事業。

スマイルシーズ(*)観察日記」もご覧ください。

(*)2008年5月、母の日にブーケを送り、スリランカのお母さんへ野菜の種や苗を送ろう!というプロジェクト。

6月 19, 2008 事務所・スタッフ |

2008年6月 5日 (木)

スタッフも学びあい

080512_kickoff_meeting  少し前のことになりますが、今回の事業を実施するためのスタッフ総勢40名が揃ったため、事業のキック・オフ・ミーティングを行いました。

 大学を卒業したばかりのスタッフ、2005年からのハンバントタの事業でも働いていた経験豊かなスタッフ、学校の先生をしていたスタッフ。女性、男性、シンハラ人、タミル人、イスラム教徒。経験もバックグラウンドも、バラエティに富んだ仲間たちです。

 経験豊かなスタッフの知恵を分かち合い、若いスタッフがインスピレーションを与える ― 今後の可能性が無限に広がっていく「コミュニティ」です。グループワーク中、会場は終始和気あいあいとした雰囲気につつまれていました。

 残念ながら、なにかと民族間の対立が浮き彫りになるスリランカですが、近い将来JENチームが、「協働」の価値を発信していくような存在になれればよいと思っています。

スリランカのお母さんたちが挑む、野菜栽培事業。

スマイルシーズ(*)観察日記」もご覧ください。

(*)2008年5月、母の日にブーケを送り、スリランカのお母さんへ野菜の種や苗を送ろう!というプロジェクト。

6月 5, 2008 事務所・スタッフ |