« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月20日 (木)

ボートの配布

Pc070465_2    9月末より支援を行っているバティカロア県ワカライ地区の漁協に対し、10艘のエンジン付2人乗りのボートを配布しました。このボートは、バティカロア市中心付近にある工場で製造され、トラックに積み込み、約6時間かけてワカライの中心部に運搬されました。その到着を待ち焦がれていた漁協の組合員たちは、ボートが到着するなりトラックに飛び乗り、嬉しそうに触ったり眺めたりしていました。
 

 ボートは漁協に配布され、漁協が組合員の生計向上のために有効な使用方法を決める事が期待されています。しかし、他団体が配布した同様のボートが、使用されずに放置されている状況が目に付く中、単にボートを配布するだけでは支援効果を保証できません。

 そこで、漁業水産局、各漁協のリーダーと話し合いを重ねた結果、当面、配布したボートの所有権をジェンに残す事にしました。そして、ジェンと漁業水産局がモニタリングを行い、漁協がボートを有効に活用している事が確認できた後、正式に所有権を引き渡します。Pc070459_2
 

 その一方、事業の一環として、漁協を対象に住民組織に関するワークショップを開催し、漁協の機能強化への側面支援を行っています。このように、ボートの配布と漁協の能力向上を平行して実施することで、支援の効果を高めることに務めています。

☆★☆ 2007年歳末募金へのご協力をおねがいします ☆★☆

詳しくはこちらへ

12月 20, 2007 緊急支援 |

2007年12月 6日 (木)

ひと時で終わらないために

Dsc00069  JENはバティカロワ県ワカライ郡で、5つの漁協において、住民の生計向上に向けた意識改革のためのワークショップを開始しました。帰還民支援事業の一環として、住民のキャパシティー・ビルディングを目的に行われています。

 事業地のワカライ郡はスリランカの東部に位置し、90年代から政府とタミル人反政府組織タミール・タイガーとの戦闘の舞台となってきました。これに追い討ちをかけるように、2004年12月の津波、2007年1月の政府による反政府勢力の掃討作戦が行われました。

 ワカライの住民は、過去20年間で8回もの避難と帰還を繰り返してきたのです。帰還した住民には、今回の平和も「いずれ、ひと時のもの」、といった平和に対する不信感や、自立復興への諦め感があります。こうした不信感を取り除くためには、住民が自立復興への希望を持ち、自信を取り戻すことが必要です。Dsc00179

 ワークショップでは、JENが派遣する専門家が、互助会の機能と意識改革について、各漁協で50人から80人の住民を相手に講義を行いました。講義の中で、ゲームなどを交えることによって参加者の興味を引くことができました。

☆★☆ 2007年歳末募金へのご協力をおねがいします ☆★☆

詳しくはこちらへ

12月 6, 2007 東部帰還民支援 |