« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月22日 (木)

お金より大切なもの

1  11月19日から24日までの4泊6日(機内2泊)の日程で、スリランカへのスタディツアーを実施し、全国から8名の方々が参加して下さいました。

 マーウェラ村でココナッツ・ロープ作りに参加したアヌラ・マラニさん(40歳)は、ツアー参加者にJENの事業について次のように話してくれました。

 『JENの支援は直接お金をもらえるわけではありませんが、JENの事業がとても好きです。ワークショップで仲間と一緒にロープやマットを作ることで、将来のことを少しずつ考えられるようになりました。トレーニングで習得したココナッツ・ロープ作りの技術はお金のようにすぐに消えてしまうことはありません。ロープやマットを作り市場で売って、自分で収入を得ることができるのです。生活は楽ではありませんが、少しずつがんばっていこうと思います。

  今回、日本の皆さんが、遠方から津波被災者である私たちのことを忘れず、会いに来て下さったことをとても嬉しく思っています。』

アサヒコム「国際支援の現場から」好評連載中!

歳末募金のご協力をお願いいたします

 

12月 22, 2005 事務所・スタッフ漁業支援 | | コメント (0)

2005年12月 8日 (木)

受験勉強のあいまに

s3  スリランカは教育熱心な国です。厳しい受験戦争があるので、どの親も必死でお金を工面し、子どもを塾に通わせようとします。放課後も塾に行ったり、家で宿題をする子どもが多く、友だちと外で遊ぶ機会はなかなかありません。JENの活動では、そんな子どもたちが、束の間勉強や津波のつらい記憶を忘れ、仲間とクリケットやバレーボールで遊び、汗を流す機会を提供しています。s2

 ここグルポクナ村でも、津波被害にあった子どもたちが、毎日JENの活動を楽しみに広場へとやってきます。どしゃぶりの日でさえ、学校が終わると、60名ほどの子どもたちがいそいそと集まってきます。そんな時は、お寺などの屋内で歌や踊り、お絵かきなどのレクリエーション活動を行います。勉強で忙しいスリランカの子どもたちにとって、JENの活動は仲間と一緒に遊べるまたとない息抜きの場となっています。

アサヒコム「国際支援の現場から」好評連載中!

12月 8, 2005 心のケア | | コメント (0)