« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月24日 (木)

きれいになった砂浜

s1  JENが魚網作りを行っているモダラガマ村では、地元の人々が海岸清掃を行いました。この村は、津波により地形が変わり、大雨の際、川が氾濫し村が浸水するようになりました。川の入り江にゴミが溜まってしまい、水の流れが悪くなるのです。そこで、人々が話し合いをし、また浸水が起こらないように、週末皆で協力して入り江と砂浜のゴミ拾いをしました。

 今では、この海岸線はすっかりきれいになり、白い美しい砂浜が広がっています。このように、JENのトレーニングは村の連帯を強め、地域活動の促進にも繋がっています。

アサヒコム「国際支援の現場から」好評連載中!

11月 24, 2005 魚網作り | | コメント (0)

2005年11月10日 (木)

男性に好評なカウンセリング

2  JENは職業訓練活動を終える際に、各村に活動についてのアンケート用紙を配ります。その際、面白い共通点を見つけることができます。

 「魚網作り」の村は、参加者の多くが男性ですが、「ココナッツ・ロープ作り」は参加者のほとんどが女性です。多くの場合、魚網作りの村の男性は一番面白かった活動内容として「カウンセリング」をあげます。これに対して、女性は「ロープを使ったマット作りの作業」など、作業の内容に参加する面白さをあげる人が多いのです。

 スリランカの男性、特に漁師は、自分の辛い気持ちを表現したり、人に打ち明けたりすることはほとんどないそうです。そうはいえ、津波で家族や家を失い、辛い気持ちを抱いていることには変わりがありません。魚網作り参加者のアンケートには、「カウンセリングを通して、初めて自分の気持ちを吐露することができ、気持ちが軽くなった」という感謝の声が多く寄せられています。

スリランカ津波被災者応援ツアー(11/19~24)参加者募集! 

アサヒコム「国際支援の現場から」好評連載中!

11月 10, 2005 心のケア魚網作り | | コメント (0)

2005年11月 3日 (木)

1人で泣く

1  津波被災者は、不便な避難生活、急激に落ち込んだ経済状態、今後の生活不安からストレスがたまり、いらいらや落ち込みがすすんでいます。

 同様に、子どもたちも、津波のショックとそれに伴う生活の急激な変化に戸惑い、フラストレーションを抱えています。子どもは自分の気持ちをうまく言葉で表現できない分、よりきめ細かいケアが必要となります。

 津波で父親を亡くしたある少女は、「自分が父を思い出して泣くと母も泣き出して辛くなる。だから、夜寝るときにだけこっそりとわからないように泣くようににしている」と、ソーシャル・ワーカーに打ち明けました。

 ソーシャル・ワーカーは、家族や友達にいえない子どもの思いや悩みを引き出し、ケアを与える重要な役目を果たしています。

スリランカ津波被災者応援ツアー(11/19~24)参加者募集! 

アサヒコム「国際支援の現場から」好評連載中!

11月 3, 2005 心のケア | | コメント (0)