« 村対抗バレーボール大会 | トップページ | 世界にたった1枚のマット »

2005年8月25日 (木)

キリンダ村火災緊急支援

050824_01  魚網作り活動を行ったキリンダ村では、福祉センターと呼ばれる集合仮設住宅に約90世帯の津波被災家族が、避難生活を続けています。この仮設住宅地で、8月11日に火災が発生し、5家族が住んでいた1棟が全焼しました。幸い、けが人は出ず、翌日から空き家となっていた仮設住宅に移ることができました。しかし、津波で何もかもを失い、そのショックから少しずつ立ち直り始めていた津波被災者にとって、この火災による物理的、精神的ダメージは計り知れません。

  JENは火災の知らせを受け、翌日火災にあった5家族に調査を行い、生活に必要なバケツ、蚊帳、マット、制服用の布地等の必需品を調達し、すぐに配布しました。
 津波発生当時に比べ、支援する団体の数が減っている今、津波被災者の人々のことを忘れず、応援してくれている人たちがいると知ることは、彼らにとって大きな励みとなります。

8月 25, 2005 緊急支援 |

コメント

この記事へのコメントは終了しました。