« JENスタッフ、スリランカ入り | トップページ | 全てを失って・・・ »

2004年12月30日 (木)

避難所で衣類配布

baj-dist-02  JENは、日本のNGOブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)の協力により、子ども、 女性、男性用の計5種類の衣類をスリランカ国内にて購入し、30日に東北部 の海岸に面しているムラティブ県に届けました。12月31日から地元住民ボラン ティアが配布を行います。

 コロンボから車で11時間以上かかるムラティブ県は支援の手が届きにくい 地域です。津波が来たのは沿岸1キロの範囲で、住宅や公共施設が崩壊、車が転倒、 悪臭がただよっています。

 この地域には現在、17ヶ所避難所があり、全体で約22,000人が避難生活を送っています。 避難所のひとつである学校には、約200世帯、1,000人が避難しています。 死傷者も多く、人々のショックは大きく、あらゆる面での支援が必要となっています。 避難所の人々は津波の再発を恐れて、まだ帰りたくないと思っている人が大半です。


※昨日(12月29日)配信の号外JENメルマガで、食料配布を行なうとお伝えしました が、世界食糧計画(WFP)が食糧支援を全面的に実施することになりWFPとの協議の 結果と、現地の要請を受け、JENは急遽食糧以外でニーズの高い衣料配布を行なう ことにしました。

12月 30, 2004 緊急支援 |

コメント

この記事へのコメントは終了しました。