2018年2月15日 (木)

FATAの学校の実情

 パキスタンでは武装勢力の掃討作戦が展開されたことにより、避難を余儀なくされていた多くの人びとが、少しずつ故郷に戻っています。くわしくはこちらから。

こうした状況に対してJENは、連邦直轄部族地域(FATA)ハイバル管区への帰還民を対象に、支援者の皆さまと日本政府のご協力のもと、家畜を通じた生計向上プロジェクトに取り組んでいます。

***** 

ハイバル管区には以前からたくさんの学校がありましたが、机・椅子などの生徒用の備品や、トイレなどの水衛生施設が整っていない学校が多く、そのため親も子どもたちを学校に通わることにあまり関心をもたず、子どもたち皆が学校に行っている状態ではありませんでした。

 管区での戦闘が激しくなり、人びとは近隣のペシャワールなどに設けられた避難民キャンプに移りました。そこではNGOなどの支援団体が教育支援活動を行っていました。学校に水衛生施設を併設した仮教室が作られ、男の子・女の子双方にとって教育が必要であることが伝えられました。
 こうしたことを通じて、避難した人びとは教育の重要性を理解していきました。

 戦闘が終わると、人びとは故郷に戻りましたが、家や学校、病院などが破壊されているのを目にしました。

 そのうちの1つ、人びとが避難する前には900人の生徒がいたスピーン・カバール中学校は、建物がなくなっていました。2014年以降、ユニセフがプレハブやテントで仮教室を設置しましたが、電気や水・トイレといった施設がありません。屋外で勉強しなければならない子どもたちもおり、雨が降ると授業が中断されます。こうしたことにより、現在生徒数は600人程度に留まっています。

「人びとは教育の重要性を認識し始めているのですが、施設の不足がその思いをくじいています。生活や地域を向上させていくには教育が必要なのですが、適切な施設がないと教育は行えないのです」
 そう話す学校の先生たちは、この地域の教育環境が整うことを祈っています。

【スピーン・カバール中学校の様子。校舎は仮の建物で、子どもたちは外で勉強しています】
20180215_pk_01


20180215_pk_02


20180215_pk_03


20180215_pk_04


20180215_pk_05

2月 15, 2018 学校修復・建設, 教育支援 |

2008年9月 4日 (木)

よりよい教育環境提供のために

20080904mofatakarpurasmcmeeting_3_2  外務省、個人・団体など、皆様のご支援により、バーグ県ハベリ郡カラムラ地区にて耐震構造の軽量鉄筋構造校舎6校を建設しています。1校舎あたり40名の生徒が収容できます。

 いままで子どもたちは雨や雪の降る日も、強風が吹く日も、屋外での学習を余儀なくされていました。この校舎が完成すると、全240名の生徒が安全で快適な環境で学習をすることができるようになります。

 建設している学校は、どこも幹線道路から離れた山の中腹に位置しています。そのため、校舎の部品をなるべく細かく分け、少しずつ学校まで運び、それを組み立てる、という地道な作業のもと建設を行っています。

 まもなく完成する校舎へ、子どもたちが元気に学校に通う姿を楽しみに、これからも地震被災地での教育環境改善支援を続けていきます。

★☆☆★★☆☆   オンライン寄付のご案内   ☆★★☆☆★☆

~これからは オンラインで かんたんに ご寄付 いただけます~

キャンペーン実施中!2008年11月30日まで

くわしくは
こちら



皆さんのお気持ちを、その温かさそのままに、
      JENが確実にお届けします。

★☆☆★★☆☆★☆☆★★☆☆★☆☆★★☆☆★☆☆★★☆☆★

9月 4, 2008 学校修復・建設 |

2008年7月24日 (木)

日本の皆さんへ、子どもたちからのメッセージ

080722__low  バーグ県ハベリ郡に、JENが手掛ける3校目の耐震構造校舎が完成しました。学校の子どもたちから日本の支援者の皆さまへ感謝のメッセージが届いています。

ウベドゥ・レフマンくん(3年生、6歳)
「新しい学校は、ドアやフェンスや壁がとてもきれい!校舎の色もとてもすてきだよ。校庭では、JENがぼくたちの学校にくれたサッカーボールでサッカーをしたいな。ぼくは、そうじもちゃんとやって、この学校を大事に使います!」080624_low

シャヒード・フルシードくん(5年生、12歳)
「白いトイレがすごくきれい。こんなトイレは今まで見たことがないです。じょうぶな建物なので、ここなら地震が起こっても安心だと思います。日本のみなさん、ありがとうございます」

7月 24, 2008 学校修復・建設, 市民の皆さまからのご支援, 教育支援 |

2008年6月26日 (木)

3校目の耐震構造校舎、ついに完成

080624_low  外務省、世界宗教者平和会議日本委員会様、個人・団体の皆様の支援により、バーグ県ハベリ郡に3校目となる耐震構造校舎の学校が完成しました。学校の先生達を招いた引渡し式も無事に終え、既に計110人の子どもたちが、元気よく新しく出来た教室で勉強をしています。

 JENの事業は、学校建設に限らず、いつもさまざまな人が関わり、たくさんの人々の協力の下、進めています。特にこの事業では、現地で活躍されている飛島建設様に多大なご協力を賜りました。また、学校の先生・地元の人々の協力も、事業実施にあたって非常に重要なものでした。学校完成にあたり、地元政府の役人からも感謝状が届いています。

 これからも、JENを通じてより多くの子どもたちが安心して快適な学習を続けられるよう、活動を続けていきます。

6月 26, 2008 学校修復・建設, 教育支援 |

2008年6月12日 (木)

地震被災児童のための更なる教育支援、開始

080531  外務省、個人・団体の皆様のご支援により、バーグ県にて新たな教育環境改善支援事業を開始することになりました。事業開始にあたり、去る5月30日、在パキスタン日本国大使館にて署名式を行いました。この様子は、パキスタンの全国紙・インターネットにて報道されました。

 本事業では、バーグ県ハベリ郡のなかでも特にアクセスの不便な地区を対象に、軽量鉄筋構造校舎6棟の建設と衛生教育を行います。校舎建設は学校、保護者、地域住民との強い協力の下、実施していきます。そして事業終了後も、地元の人々によって継続的に維持管理されていくよう促します。衛生教育では、心のケアにも重点を置き、楽しく知識を身につけられるようグループディスカッションや寸劇を利用します。

 これからもJENは、地震被災地の子どもたちが、より快適で安心した環境で学習が継続できるよう、バーグ県にて「支える」支援を続けていきます。

6月 12, 2008 学校修復・建設 |

2008年5月15日 (木)

まもなく完成、3校目!

20080420mofapkhotarscool  外務省や団体、皆さまのご支援のもと、バーグ県ハベリ郡にて再建中の耐震構造の小学校がまもなく完成します。

 パキスタン山間部での建設は、日本での建設とは全く違った苦労があります。たとえばコンクリートの壁です。日本では生コンクリートをそのまま運ぶことが可能ですが、パキスタンではセメント・砂・石を道路から少しずつロバで運び、その場で混ぜてコンクリートを作ります。

 このように、一つ一つの作業には非常に時間がかかりますが、少しずつ完成していく校舎を見ながら、復興の歩みを実感しています。目に見える確実な変化が人々の心に将来への前向きな気持ちをもたらす心のケアにつながっているのです。

5月 15, 2008 学校修復・建設 |

2007年12月27日 (木)

3校目の学校を再建中

20071227mofahotarschool_7 パキスタンは、日本よりも一足早く、犠牲祭と呼ばれる祝日を終え、12月21日に新年を迎えました。例年通り、カシミールの山々は雪に覆われ、1年で最も寒い季節です。

極寒の中、外務省、個人・団体の皆様のご支援のもと、バーグ県ハベリ郡にて地震により倒壊した学校の再建を行っています。JENはこれまで2校の学校再建を完了しました。今回の学校で3校目の耐震構造の学校建設となります。

現在は耐震構造設計の要となる基礎工事の真っ最中です。 すでに完了した2校と同様、現在再建中の学校も山の中腹にあり、非常に難しい立地条件の下、事業を実施しています。 一刻も早く、子どもたちが安心して学校に通うことが出来るよう、事業を進めています。

12月 27, 2007 学校修復・建設 |

2007年6月14日 (木)

ジャネワラ男子小学校の男の子からのメッセージ

070612 JENは2006年5月~12月にかけて、ジャパンプラットフォーム様支援のもと、バーグ県ハベリ郡の学校2校を対象に耐震構造の学校を再建しました。この学校に通う子ども達からメッセージが届きました。

 ジャネワラ男子小学校に通う、アザズ・メームッド君(10歳)からのメッセージです。

「地震が起こったとき、僕は教室の中にいました。突然、大きな波の音のようなものが聞こえてきたと思ったら、なにもかもが揺れ始めました。あっという間に壁が教室が壊れていくのが見えました。JENが建ててくれた学校はとてもきれいで強そうです。僕は本を読むのが好きで、JENがくれた色とりどりの本を読むのがとっても楽しみです」

 ジャネワラ男子小学校は地震によって校舎が全壊し、学校が再建される前は、JENが配布した学校用テントの中で勉強していました。現在、教師3名、143人の子どもが元気に通っています。次回はJENが再建したもう一校の学校、ルーヤンカルサン女子小学校の子どもからのメッセージをお伝えします。

6月 14, 2007 地震教育, 学校修復・建設, 文化、生活、習慣 |

2006年6月 8日 (木)

学校再建事業を開始

1_20  JENは今年の1月~4月まで、地震で学校が壊れ、寒さの厳しい冬青空教室で勉強する子どもたちのために、教室用大型テント249張を配布・設置しました。
 5月1日から、ハベリ郡バダル区にある2つの村の公立小学校2校を対象に学校再建を開始しました。再建される校舎は耐震構造になります。2_12

 多くの子どもたちは地震が起きたのは宗教的な理由だと信じ、また地震の恐怖心は心の傷となって残っています。JENは、地震の正しい知識を伝えることで、子どもたちの心の傷を軽減して行きます。
 
 ダラハス村 アジブ 君(11歳)
 『地震があったとき、授業中で教室の中にいました。突然地面が大きく揺れ始めました。生徒たちみんなががパニック状態で出口に殺到したので、僕は教室の後ろ側の席からなかなか出口に辿り着けませんでした。

 そんな時、壁の一部が崩れて、教室の建物が大きく傾きました。僕がちょうどドアを抜けようとしていた際、ドアが勢いよく閉まってしまい、そこに足をはさまれて動けなくなりました。その傷跡は今でも残っています。
 そんな状態で30分もした頃、村の人たちの声が聞こえて来て、教室内に閉じ込められていた生徒たちもみな助け出されました。』

アサヒコム「国際支援の現場から」 好評連載中!

JENは今回の地震被災者支援のため、募金を受付けています。みなさまのご理解、ご協力をお願い致します。

郵便振替口座番号:00170−2−538657  口座名義:JEN
※通信欄に「パキスタン」とご明記ください。

     郵便振替以外の募金方法
銀行、ジャパンネットバンクからのご寄付は⇒こちら 
クレジットカードでのご寄付は⇒こちら

6月 8, 2006 学校修復・建設, 教育支援 |