« 私たちに希望、健康、幸福を与えてくれた給水計画 | トップページ

2024年5月 9日 (木)

洪水からの復興: シードシェア(種の共有)で再び立ち上がったモハメドさん

私はモハメド・アリ(Muhammad Ali)と言います。ダドゥ郡の住民です。

私の家族は私と妻、息子 1 人、娘 4 人の7人です。子どもたちはそれぞれが勉強に励んでおり、長女は大学の卒業を目指しています。

2022 年の洪水で、家屋やインフラが破壊され、作物や種子や農業資材、ヤギ 2 頭と牛 3 頭を失ってしまいました。その痛みを忘れることはできません。この災害の後、長い間種子を購入したり、耕作に備えたりすることができませんでした。

ある日、私たちの地域で洪水の被害を受けた農家に農業支援を提供しているNGOであるジェンについて知りました。私たちの村が農業支援事業の対象となりました。

Pk_20240508_04
種子の提供を受けるモハメドさん

ジェンが私たちに小麦・大麦・からし菜の在来種の種子やその他の農業資材(肥料、殺虫剤、種子保存袋、農法研修など)を提供してくれたことを、とてもうれしく思いました。これらは、弱い立場にある私たち家族にとって、とても貴重なものでした。私たちはJEN 農業チームからアドバイスを得て、農業を再開しました。この事業中に、幸運にも私は「リーダー農家」に選ばれ、JEN 農業チームと一緒に、学んだ内容について他の農家に研修をすることになりました。JEN 農業チームと協力し、技術を学びながら、それを栽培に応用しました。その結果、私の能力が飛躍的に向上し、ジェンから「最高の農家賞」に選ばれました。


Pk_20240508_01_20240509163701
「最高の農家賞」受賞の様子

一生懸命努力し作業した結果、ようやく小麦や野菜を収穫することができ、これからも生産が期待できます。私の家族にとっては十分な量です。たくさん収穫できた種子の中から、最初に受け取った種子と同じ分量の種子を新たに2軒の農家に分けることで、活動に参加する農家が増えていきます。

Pk_20240508_03
収穫の様子

Pk_20240508_02
収穫した麦とモハメドさん

さらに、ジェンから追加で夏野菜の種子が配付されるという朗報を聞きました。これは家庭用だけでなく、市場で販売するのにも大変役立ちます。すでにこの種を受け取ったので、すぐに栽培を始められることに興奮しています。

最後に、種子や資材、現代の農業技術という貴重な贈り物を私たちに提供してくださったJENに心から感謝しています。


このように、モハメド・アリさんは笑顔で話してくれました。当初は洪水の際無力だったと話していたモハメドさんが一生懸命に農作業をしていたのを、近くで見ていました。彼が自給自足できるようになり、新たな可能性を開けたことで、インタビューをした私も、とても嬉しく思いました。モハメドさんは、収穫した種の一部を他の世帯へ提供すること、得た知識を他の世帯に伝えることを楽しみにしています。私は、被災した地域の人びとが、希望を持ちながらより良い暮らしができることを心から願っています。

Qaisar:プロジェクト・オフィサー)

 ※本事業は、株式会社ゼンショーホールディングスからの寄付金やジェンへの寄付金により実施しています。

いつも応援をありがとうございます。
ジェンは厳しい環境にいる人びとに寄り添い、
「自立した生活を取り戻すこと」と「心のケア」を中心に支援活動を行っています。
ジェンとともに「生きる力」を支えてください。

今回のみのご寄付はこちらから
JENサポーター(継続)のご登録はこちらから

 

5月 9, 2024 洪水被災者支援 |