« 収入源としての手押し車 | トップページ | モット草 »

2017年6月29日 (木)

視察研修の効果

パキスタンでは武装勢力の掃討作戦が展開されたことにより、避難を余儀なくされていた多くの人びとが、少しずつ故郷に戻っています。くわしくはこちらから。

こうした状況に対してJENは、連邦直轄部族地域(FATA)ハイバル管区への帰還民を対象に、支援者の皆さまと日本政府のご協力のもと、家畜を通じた生計向上プロジェクトに取り組んでいます。

このプロジェクトは現在2年目ですが、1年目に一部の酪農家を対象に伝統的な酪農方法から,より換金商品を生み出せる酪農に転換することを支援すべく、視察研修を企画し、10人が参加しました。この研修ではさまざまな酪農場を訪れ、家畜小屋、給餌、搾乳、予防接種、駆虫、子牛の世話などについて学びました。

参加者の1人であるサイド・カラムさんは感銘と刺激を受け、家畜小屋を作ることにしました。彼はデザインについてJENの担当職員に相談し、職員は彼に情報提供しました。そして小屋は完成しました。

20170629_pk_before_construction1_2
【家畜小屋建設前】

20170629_pk_completed2
【家畜小屋建設後】

以前、彼は住まいの一部屋を家畜小屋にし、換気や衛生に気を使っていなかったそうです。JENが提供した家畜管理研修で小屋を設置することの重要性を学び、視察研修でそれを確信したということです。

20170629_pk_livestock_in_shelter3
【新しい小屋の家畜たち】

小屋を自分で作ってよかったと思い、それから自分の家畜に対して栄養バランスのよい給餌や適切な水やり、予防接種や駆虫を通じた病気からの保護に気を配るようになりました。

近隣の人びとが彼を訪れ、家畜小屋建設に必要な費用や資材についてたずねます。彼らも小屋を作っていくことでしょう。しかし、金銭的余裕がない人びとも多くいます。サイド・カラムさんはJENにそうした人びとを支援してほしいと言います。

20170629_pk_formers4
【酪農家のみなさん】

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

pakistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「パキスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼



6月 29, 2017 生計回復事業 |