« FATA(連邦直轄部族地域)における深刻な食糧不足とJENの取り組み | トップページ | 連邦直轄部族地域(FATA)ハイバル管区での平和に向けた動き »

2016年4月28日 (木)

2016年―FATAへの帰還の年

 最近南ワジリスタン管区に帰還した国内避難民は600世帯で、2016年4月11日に始まりました。

 南ワジリスタン管区はパキスタン北西部のFATA(連邦直轄部族地域)と呼ばれる地域に属します。今回の帰還以前に、既に9.865世帯が南ワジリスタンに帰還しましたが、現在もなお55,090世帯が同管区外の避難先で帰還の日を待っています。

 パキスタン政府及び人道コミュニティは2016年を帰還の年と位置付けており、南ワジリスタン管区を含むハイバル・パフトゥンハー州及びFATAに避難している全世帯の約95%(168,970世帯)の帰還を計画しています。

 政府と人道コミュニティは、避難民の人々が帰還の際に必要な諸手続きを行える帰還ポイントを設置しました。そこで各帰還民世帯は帰還斡旋カード、携帯電話のSIMカード、ATMカードと、政府支給の交通費として10,000パキスタンルピー(約10,600円)と帰還資金25,000パキスタンルピー(約26,600円)を受け取ります。手続きを待つ人々のために、男性用、女性用に分かれた適切な待合所も設置されました。

 同エリアで活動するNGOは水衛生サービスや権利・制度に関する情報提供、地雷回避教育、車椅子や尊厳回復キットの提供を行っています。医師や女性技師、基本的な医薬品や救急車も利用可能となっています。5月中旬までに、10,000世帯に上る避難民が南ワジリスタン管区に帰還する予定です。南ワジリスタン管区への帰還が完了した後には、オラクザイ管区やクラム管区への避難民の帰還が予定されています。
 
 JENは政府や人道コミュニティによるこれらの活動の補完的支援として、南ワジリスタン管区で帰還民を対象とした支援プロジェクトを実施していく予定です。具体的には、1,850世帯の帰還民を対象に、農地開拓/再生/整地、トウモロコシや野菜の種、農具キットの配布、農業・家庭菜園研修の支援を計画しています。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

pakistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「パキスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

4月 28, 2016 生計回復事業帰還民支援 |