« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月25日 (木)

ハイバル管区での帰還民への農業支援

 パキスタンでは政府軍による反政府武装勢力掃討作戦展開などにによって多くの国内避難民が発生しています。ハイバル・パフトゥンハー州と連邦直轄部族地域(FATA)出身の数百万人の人びとが、避難民として登録されています。

 現在、180,570世帯がハイバル・パフトゥンハー州とFATA から避難しており、そのうち179,199世帯は受け入れコミュニティーで、1,371世帯は3つの国内避難民キャンプで生活しています。

 一方で、FATAのハイバル管区はこれまでに73,673世帯が帰還し、最も帰還した家族数が多い地区です。この地域の人たちは農業生産者や商売人としてよく知られています。しかし、5~6年の間、故郷から避難生活を送る間に、農業生産も商売も、全面的に打撃を受けてしまいました。

 帰還を支援し、各世帯で入手できる食糧を増加させるために、JENはパキスタン人道支援基金(PHPF)、FATAの農務省や地元のNGOと協力し、1,250世帯に有機麦の種(穀物)、有機野菜の種、農業器具キットを提供する他、男女双方の事業参加者を対象とした研修を行いました。農務省は彼らのために農地を再生させて用意しました。

 事業の参加者たちは苗を栽培し、豊作になることを待ち望んでいます。この苗が実りに変わった時、彼ら自身の食糧となるだけではなく、次の季節の作物の種にもなるのです。

 プロジェクトで期待される成果の一つとして、農業従事者たちと農務省が強力な関係を築くことがあげられます。JENが事業地から撤退した後も、双方は連絡を取り続け、被災した農業従事者たちは引き続き食料を得ることができる予定です。

【プロジェクトでは障がい者や高齢者が優先的に支援されます】
20160225_pk_01


【JENにとって、地元のNGOとの連携は初めての試みです】
20160225_pk_02_ngo


【この事業において、菜園は入手可能な食糧を増加させるための重要な源です】
20160225_pk_03_gardening

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

pakistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「パキスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2月 25, 2016 生計回復事業帰還民支援 |

2016年2月12日 (金)

ハイバル管区における家畜育成プロジェクト

 JENは、連邦直轄部族地域(FATA)ハイバル管区への帰還民を対象に、支援者の皆さまと日本の外務省の支援のもと、1年間の家畜育成プロジェクトに取り組むこととなりました。

 このプロジェクトは、計画策定の段階から連邦直轄部族地域事務局内の復興局や家畜局を含む重要関係者と連携し、帰還民に家畜を提供することで、この地区の経済再生を支援することを目的としています。

 このプロジェクトはまず1年間の実施となりますが、2年後以降の継続を見越して、短期から長期に渡るまで様々な効果を企図しています。

 まず、牛や山羊に補助食糧を提供したり、予防接種や駆虫処置を行ったり、脆弱な立場にある家族に家畜を補充したりすることえで、短期的及び中期的な効果を上げることが予定されています。

 さらに、人工授精、飼料栽培や家畜飼育方法など、家畜管理に関する能力の強化を行い、長期的な効果をめざします。

 研修の対象者である若年層には、市場との連携を構築し、搾乳量が増えた牛や山羊の乳で乳製品を作って売るなど、生計回復の足掛かりを作ることが期待されています。

 また、JENのプロジェクト終了後も効果を維持するため、生計回復委員会が組織されることとなっています。

20160212_pk_01jpg_3

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

pakistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「パキスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

2月 12, 2016 生計回復事業帰還民支援 |