« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月24日 (木)

グル・ナワズさんの話

 グル・ナワズさんは連邦直轄部族地域のカイバル管区に住んでおり、5エーカーの農地を所有していました。農業で生計をたてていましたが、紛争から逃れるため自分の村を離れました。

 6年が経ち自分の村に戻った時には、長い間耕作が行われていなかったために土地は荒廃していました。そこで彼は、農業の促進のために様々なサービスを提供している農業サービスセンターを利用し、自分の土地の再生を始めました。これまでに3エーカーの土地を再生させています。

 土地の再生は果たしたものの、農具を失い、作物の種も買うことができなかったグルさん。カイバル管区には同じような農民の方が多くいたので、JENは9月からこの場所で農具キットや種の提供支援を行っています。

 支援対象者としての登録手続きの間、グル・ナワズさんは伝えられた通りに道具を受け取れるか不安だったそうです。しかしその不安は、農具キットと種の袋を受け取った時に消えました。

 彼は再生した1エーカーの土地に小麦の種をまきました。既に順調に発芽が始まっており、家族とともに喜んでいます。「受け取った種の質は申し分ないので、大きな実りがあることを願っている」と話します。

 地域の人びとは、地域の平和と安定が続き、再び穏やかに暮らせることを願っています。グル・ナワズさんは長い間自分の家と土地から離れて暮らしていたので、もう同じことはしたくないと話します。

 彼のような帰還民の再定住ができるだけスムーズに行われるように、JENは支援を続けていきます。
【JENスタッフと話すグル・ナワズさん】
20151224_pk_01


【畑を見つめるグル・ナワズさん】
20151224_pk_02



△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

歳末募金にご協力をお願いいたします。

▼クレジットカードはこちらから

pakistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「パキスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

12月 24, 2015 支援物資配布生計回復事業帰還民支援 |

2015年12月17日 (木)

FM-93バンヌー

 ラジオ・パキスタン・バンヌーは2005年6月に政府によって設立されました。
 通常8時から20時までの放送ですが、緊急事態の際には24時間放送になります。

 カバーしている地域は半径60km圏で、ラッキーマルワットや北ワジリスタン管区、南ワジリスタン管区などの地域で聞くことができます。
 スタジオ1つとアンテナ1つで放送されているこのラジオ局からは、教育情報、娯楽、若者、農業、文学、女性関連など、様々な番組が放送されています。

 他に毎週、ラジオ・クリニック、政治行政番組、「サマ・ラー」(イスラム教の番組)、バンヌーやラッキーマルワットの開発に関する番組や、週1回のドキュメンタリー番組といった特別番組も放送されます。
 これらの番組には、教授、医師、宗教指導者、政治家、地方行政や他の政府の代表者などの様々な職業や機関の人々が招かれます。各番組では、現在の課題を議論し結論を出そうとします。
 
 このラジオ局は人々が番組に参加して関係者に質問したりコメントを送ったりできるよう、連絡先も提供しています。

 FM-93はバンヌーとラッキーマルワットでの国内避難民の危機に際して、きわめて重要な役割を担いました。北ワジリスタンの国内避難民に特別放送が発信され、人びとはさまざまな情報を得ることができました。

 国内避難民は今なお、現在の危機的状況や帰還作業における新しい動きについて情報を収集し続けています。

【ラジオ局のアンテナ】
20151217_pk_01






△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

歳末募金にご協力をお願いいたします。

▼クレジットカードはこちらから

pakistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「パキスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

12月 17, 2015 文化、生活、習慣緊急支援 |

2015年12月10日 (木)

シャングラ県の状況

 ハイバル・パフトゥンハー州にあるシャングラ県の面積は、1,586k㎡で、約733,000人が生活しています。
 県内にはたくさんの小さな谷や高い山があり、海抜は2,000~3,000m、県内で最も高い場所は3,440mにもなります。

20151210_pk_01_puran_shangla_2


20151210_pk_02_shakesar_shangla_2


20151210_pk_03_winter_alpuri_shan_2


 2005年の地震や2010年の水害が起きた際、シャングラ県はパキスタン国内の他の地域に比べて被害が大きくありませんでした。しかし、今年10月26日に起こった地震では、人的、物的ともに非常に大きな被害を受けました。

 州災害対策本部の最新の情報によると、これまでに49人の死者と181人の負傷者が確認され、11,395棟の家々が半壊や倒壊の被害を受けています。
 シャングラ県の冬は厳しいため、寒さから身を守るためのシェルターや越冬支援が急務です。すでに冬は始まっており、現在夜間の気温は0度まで下がります。

 政府や人道支援団体の支援は始まっているものの、まだまだニーズには追い付いていない状況です。

 JENも、被害を受けた人々に対する越冬支援事業をスタートしました。冬を越すために欠かせない物資の配布を、迅速に行っていきます。

20151210_pk_04_damages_shangla1__2


20151210_pk_05_damages_shangla1_1_3


20151210_pk_06_damages_shangla1_2




△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

pakistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「パキスタン」とご記入ください*

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

12月 10, 2015 支援物資配布緊急支援 |