« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月27日 (木)

家畜支援を通しての生計回復

 連邦直轄部族地域(FATA)の北ワジリスタン管区出身で42歳のパヨ・ザマンさんには、妻、2人の息子、2人の娘がいます。パヨさん一家は、2014年5月の政府軍による反政府武装勢力の掃討作戦の影響で、故郷の北ワジリスタン管区から一時避難を強いられました。

 一家が避難先のハイバル・パフトゥンハー州のバンヌー県に着くと、政府と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の職員によって一時避難民として登録されました。そして、連れてきた5頭の牛とともに、同県グリワラ地区ナル・ナジブ村の小学校敷地内に建てられたシェルターで暮らし始めました。

 連れてきた牛たちは、飼料不足のために健康状態が日に日に悪くなっていきました。家畜用シェルターがなかったので外で飼っていましたが、猛暑のため健康状態はさらに悪くなりました。彼の家族も避難生活による苦しみから精神状態を悪くしていきました。彼らの収入源は家畜しか残されていませんでしたが、残念なことに、飼料などが十分でなかったためミルクがあまり出なくなってしまいました。

 2015年5月、パヨさんが牛を売ろうと考えていた頃に、JENのチームが一家のもとを訪れ、一家を家畜の飼料とシェルターキットの配布対象世帯として登録しました。そして、JENの獣医チームがパヨさんたちの牛に駆虫薬を与え、予防接種をしました。さらに、パヨさんはJENの家畜専門家から家畜の管理に関する研修を受けました。

【家畜用シェルター】
20150827_pk_01_shelter1


20150827_pk_02_shelter2


 JENが配布した家畜支援パッケージの利用で、パヨさんの牛の健康状態は改善し、数か月後にはミルクが1日8リットルまで出るようになりました。それにともなってパヨさんとその家族は元気になり、生きる意欲が出てきました。

 現在、彼は市場の近くで作業員として働き始め、1日4リットルのミルクをその市場で売って約280ルピーの収入を得ています。そして、家族は残ったミルクでラッシーやヨーグルトやバターを家庭用に作っています。妻と子どもたちは、故郷を離れた辛さを和らげてくれた牛たちをとてもよく世話しています。

【パヨさんの息子と牛】
20150827_pk_03_son_2


 パヨさん一家の経済状況は今もよいとは言えませんが、JENの支援は確実に彼らの収入増へとつながっています。





△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

pakistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「パキスタン」とご記入ください*

8月 27, 2015 国内避難民支援生計回復事業 |

2015年8月13日 (木)

支援物資の配布が完了しました

 JENは、北ワジリスタン管区から逃れてきた国内避難民への家畜飼料と家畜用シェルター資材の配布を完了しました。このプロジェクトの対象となったのは全部で500世帯です。

 JENは事前に「引換券」を印刷し、それをスタッフが対象世帯に配りました。引換券には対象家族の世帯主氏名やID番号などの情報、および物資の配布場所と時間が記載されています。
 
 配布の前にJENは、警察や地区役員など関係する全ての公的機関や、村の長老のようなその他の関係者と調整を重ねました。

 物資は、納入業者から配布の1日前に届きました。

20150813_pk_01transportationo_of_je


 ちょうどラマダンの月でとても暑い時期だったので、JENのスタッフは配布作業を定刻どおり進めるため、夜中から配布物資のパッケージを配列し、準備しました。
警備は地区の警察が担当してくれました。

20150813_pk_02packages_arrangements


 配布は3回に分けて行われ、それぞれ150世帯、195世帯、155世帯を対象に家畜飼料と家畜用シェルター資材が支給されました。

 配布作業を円滑に進めるため、JENは確定した対象者のみに連絡し、配布会場には引換券を持っている人だけが入場を許可されました。

 引換券の確認にはJENのスタッフ1名と警察官1名が一緒に当たりました。そのあと、JENのスタッフが配布作業の一連の流れを説明しました。

20150813_pk_03_orientation


 それから、対象者を1人1人確認し、彼らの拇印をもらいました。

20150813_pk_04_attestationverificat


 次に、JENの技術スタッフが、駆虫薬や家畜用シェルターや飼料についてその使用方法などを説明しました。

20150813_pk_05_jen_technical_staff_


 最後に物資を対象者に手渡し、その記録として引換券を回収しました。

 こうして、無事に支援物資を対象者のもとに届けることができました。



△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

pakistan

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657 

口座名: JEN

*通信欄に「パキスタン」とご記入ください*

8月 13, 2015 支援物資配布国内避難民支援 |