« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月26日 (木)

新たな避難民の発生

 北ワジリスタン管区は、パキスタン北西部のアフガン国境に接している面積約11,585mの山岳地帯です。1998年パキスタン政府の国勢調査によると、当時の人口は361,246人でした。

 最近、パキスタン政府は同管区を拠点としている反政府武装勢力に対し、掃討作戦を開始しました。これによって、少なくとも約10万人の避難民が故郷から隣接するハイバル・パフトゥンハー州各地に避難せざるを得ない状況に陥り、大半は同州のバンヌ県に避難しました。

 現時点では、パキスタン政府による国際支援の要請がされていないため、国連機関による避難民登録はまだ行われていません。パキスタン政府による避難民の登録は幾つかの北ワジリスタン管区の出入口で行われており、これらの登録の際には同時に子どもへのポリオワクチン接種も実施されています。

 政府はバンヌ県のバッカ・ケルとカシュー橋に二つのキャンプを設立しました。しかしながら、安全面への不安や文化的にセンシティブな地域であることから、多くの避難民がキャンプに移ることに抵抗感を示しています。現在、北ワジリスタンの避難民世帯の数は約1万世帯(平均13.5人/世帯)と想定されていますが、最終的には避難民の数が20万人に上ることが予想されています。

 パキスタン政府の計画では、全ての避難民世帯に食費として7000ルピー(約7210円)と、生活用品費として5000ルピー(約5150円)、そして6月末から始まるラマダーン時期用の物資を渡すことになっています。政府はこれらの現金支援と配布に関し軍隊の協力を得る予定で、その間に、銀行口座、ATMカードやSIMカードなどの準備も進めていくことになっています。

 今回新たに発生した国内避難民の人々は、現在全く人道支援を受けておらず、自らの資産や親族に頼らざるを得ない状況です。これらの人々へ支援を実施する際の最も大きな課題はアクセスであり、現地当局には支援が入りやすくなるような対策が求められています。



【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

6月 26, 2014 支援物資配布国内避難民支援 |

2014年6月12日 (木)

コハート事務所のスタッフオリエンテーション

 2014年6月4日から6日にかけて、今年新たに設置されたコハート事務所において、現地スタッフ20名でオリエンテーションを行いました。

140612_dscn1101

 オリエンテーションの主な目的は以下の通りです。
・プロジェクトスタッフと、監督者となるシニアスタッフとの関係について、基本的な考え方を理解する
・JENの様々な部門の基本的な決まりごとについて理解してもらう
・コハート事務所の課題を確認する
・JENの目的の達成のために決まり事や手順を順守することに、責任感をもってもらう
・全員が、事業目的達成のために当事者意識を持てるようになる

 オリエンテーションは、いくつかの項目に分けられ、シニアスタッフ数名が講師となって進められました。ジェンの紹介や方針に始まり、プロジェクト立案や実施のプロセス、資料作成や記録管理、ファイリングの手順など、実務的な内容も含まれました。

140612_dscn1088

 また、支援対象となるコミュニティとスムーズに協力していくための手法を、ロールプレイを交えて学ぶ項目もありました。

140612_dscn1067

 さらに、現地で活動していくうえで非常に重要なセキュリティ対策や、活動の効果を的確にはかるためのモニタリング・評価方法や計画についても説明がありました。

140612_dscn1074

 
 新しいスタッフは、理解を深めるために積極的に質問をするなど、有意義な3日間となりました。


【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

6月 12, 2014 事務所・スタッフ |