« デラ・イスマイル・カーンのラクダフェスティバル | トップページ | 国内避難民の想い »

2014年3月 6日 (木)

ミルク&雄山羊フェア

 ジェンは先日、デラ・イスマイル・カーンで行なっている国内避難民生計回復支援の一環として「ミルク&雄山羊フェア」を開催しました。

 このフェアでは、ジェンから生計手段として雄山羊、雌山羊を受け取った避難民の人々が、自分たちの山羊の質を競いました。雌山羊のミルクの量や、雄山羊の体重の重さを皆で比べて競争することで、よい事例を学び、山羊の管理を向上させていくことを目的としています。

 120名の国内避難民の方々が参加し、55名の避難民がミルクの量を競うため雌山羊を連れてきました。上位3位に入賞した雌山羊たちからは、それぞれ2300ml、2200ml、2140mlのミルクがとれました。

140306_milk_measure
 
 

 また、畜産指導員世帯の避難民17名は雄山羊の体重コンテストに参加し、上位3位以内の山羊の体重はそれぞれ72kg、71kg、69kgでした。入賞者はトロフィーや山羊の飼料といった賞品を授与されました。

140306_weighing

 別のブースではそれぞれ2頭、3頭、4頭の仔山羊を産んだ4頭の母山羊を紹介しました。もう1つのブースでは、県畜産局の担当者が避難民からの家畜管理に関する質問に答える場を設け、関連資料などを配布しました。
フェアには、畜産局担当者以外にも、民間の獣医、村の長老、そしてUNOCHAのデラ・イスマイル・カーン担当者も参加していました。これらの関係者たちから、ジェンは国内避難民の現在、及び今後の帰還へ向けた生計回復支援に対し感謝の言葉をいただきました。

 ※この活動は、支援者の皆さまおよび、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームの協力をうけ実施しています。

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

3月 6, 2014 国内避難民支援生計回復事業 |