« もう問題はたくさん! | トップページ | 衛生促進で変わり始めた子どもたちの生活 »

2013年8月29日 (木)

ヤギ配布による子どものケア

 ジェンは2011年7月以降、デラ・イスマイル・カーン県で暮らす国内避難民の方々へ、生計手段としてのヤギを配布する活動を継続しています。これらの避難民は2009年の連邦直轄部族地域(FATA)南ワジリスタン管区での戦闘により、避難を余儀なくされ、2010年に起きた大規模な洪水で再び被災し、全てを失ってしまいました。

 ジェンの支援対象となっているのは、未亡人や孤児、母子家庭、身体障がい者、高齢者や、世帯人数の多い家庭など、避難民の中でもより脆弱な立場にある人々です。
ヤギの配布は国内避難民の人々の生計回復を支えるだけでなく、多くのケースにおいて心のケアにも役立っているようです。特に孤児の子どもたちにとっては、ヤギは生計源でありながら、大切な遊び相手にもなっています。

130829_dsc03417


 支援対象である孤児たちは、身を寄せた世帯の保護者に全面的に依存せざるを得ない生活を送っていました。ヤギを受け取ってからは、そのミルクを自分たちで飲んだり、あるいは売ったりしているそうです。ヤギの飼育によって得た収入で学校に行くことができるようになった孤児たちもいます。子どもたちは子ヤギと遊ぶのが大好きで、積極的に草原へ子ヤギを放牧しにいき、忙しくしているようです。
 こうして外でたくさん遊ぶことで、子どもたちの心の中にある、紛争や避難生活による心理的な苦痛や不安を和らげる効果もあるのです。

 ジェンは今年もより脆弱な立場にある避難民の方々へ、ヤギの配布を続けています。


【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

8月 29, 2013 国内避難民支援 |