« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月18日 (木)

衛生促進パレード

JENは現在、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームの助成により、FATA(連邦直轄部族地域)クラム管区において帰還民の水衛生環境改善支援に取り組んでいます。このプロジェクトの活動の一つは、2008年以降の戦闘によって破壊された既存の水供給施設の整備です。もう一つの活動は、帰還民たちの健康状態の改善・維持を目的とした衛生促進です。

先日ジェンの現地スタッフは、支援対象の一つであるニジャブ・カライ村を訪ね、年長者を対象に衛生促進セッションを行い、日常生活における衛生の大切さを伝えました。

130718_dsc06250

その際、村にはたくさんの子どもたちもいたため、現地スタッフは子どもたちにも衛生について話しました。すると子どもたちはその話に興味津々で、現地スタッフが村のほかの地域に移動する際にも、後ろをついて回り始めたそうです。
子どもたちはJENが各世帯へ配布している衛生パンフレットを持ってジェンスタッフとともに村中の道を練り歩き、それを見た他の子どもたちも次々と仲間に加わりました。紛争で苦しんだ経験を持つ子どもたちが、この「衛生促進パレード」ではとても楽しそうで、うきうきしていました。

130718_dsc06190


このパレードは村中の年長者や他の子どもたちを魅了しました。年長者や村の関係者たちは、これらの帰還民の健康状態を改善しようとするJENの取り組みに感謝の意を示しました。活動の中で偶然生まれたこのパレードは、子どもを巻き込んだ画期的なアプローチとして、中央クラム政権にも評価されました。

130718_dsc06261

 これらの子どもたちが、今後も衛生メッセージを周りに伝えていってくれることを期待しています。




【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

7月 18, 2013 衛生教育国内避難民支援 |

2013年7月 4日 (木)

猛暑と闘う国内避難民とジェンスタッフ

 デラ・イスマイル・カーン県はインダス川の西岸、ハイバル・パフトゥンハー州の最南端に位置しています。パンジャブ州、バロチスタン州とも境界を接する同県は、周辺地域の中で地理的に重要な場所となっています。

 デラ・イスマイル・カーンは砂漠気候で、夏は暑く、冬は比較的穏やかです。雨は1年のうち晩冬から初春(2月~4月)とモンスーンの時期(6月と7月)に集中して降ります。今年の夏も非常に暑く、これまでですでに最高気温が49度に達したと報じられました。

【国内避難民の男性の話を聞くジェンスタッフ(写真左)】
130704_2

 ジェンは、2008年から2009年にかけての戦闘によって南ワジリスタン管区からデラ・イスマイル・カーンに避難を余儀なくされた人々の支援を実施しています。今年支援の対象となっている村で生活する国内避難民の人々は、この猛暑の中、最悪の住環境の中で必死に耐えています。
 パロア郡では、国内避難民の人だけでなく、彼らを受け入れているコミュニティの人ですら、きれいな水へのアクセスがありません。国内避難民の人々の中には、灌漑用水路や池の水を飲み水に使用する人もいます。

 また、パキスタン全土で電力不足が広く問題になっていますが、国内避難民が暮らすテントには、そもそも電気が通っていません。そのため、暑さに拍車がかかっているのです。
 
 国内避難民の小さな子どもたちは、近所の川や運河、用水路などで水浴びをして一日を過ごしています。もともと涼しい南ワジリスタン管区出身の避難民の人々は、デラ・イスマイル・カーンの暑さに適応するのが難しく、今年はすでに2名が異常な高熱により亡くなったそうです。

【水浴びをする子どもたち】
130704_3

【川で水浴びをしてきた子どもたち。全身ずぶ濡れです】
130704_4


 このような暑さの中、生計回復委員会の設立、ヤギの配布、様々な研修など、様々な活動が今年の事業で計画されています。ジェンの現地スタッフは比較的涼しい早朝に活動を開始し、直射日光のダメージを減らすために濡らした布を頭に巻くようにしています。また、汗とともに消耗するエネルギーやミネラルを補うため、砂糖と塩を混ぜた水を飲むようにしています。

【国内避難民のコミュニティーとミーティングをするジェンスタッフ。首や頭に濡れたスカーフを巻いています(左から2番目、3番目、4番目)】
130704_234


 この暑い環境をどうにか乗り越え、できる限り早く支援を届けられるよう、色々と工夫をしながら活動を進めていきます。



【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

7月 4, 2013 国内避難民支援 |