« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月20日 (木)

デラ・イスマイル・カーン事務所の新人研修

先日、9名の新人スタッフが、デラ・イスマイル・カーン事務所に加わり、オリエンテーション兼新人研修を行いました。

130620_livestock_expert_is_teaching

 フィールドオフィサー2名、フィールドアシスタント2名、家畜アシスタント2名、会計アシスタント1名、倉庫アシスタント1名に物資配布員1名です。これらの職員は今後、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームの助成を受け実施中の国内避難民生計復帰支援事業の業務を担当します。

 研修には、ほかにプロジェクトマネージャー、プロジェクトオフィサー、家畜専門家、検疫オフィサー、研修オフィサーと総務ロジスティクスオフィサーが参加しました。

 この新人研修の目的は、これまで継続してきたプログラムやプロジェクトをジェンのミッションやビジョンに照らして新人スタッフに理解してもらい、プロジェクト管理やコミュニティを動かすための基礎知識を身につけてもらうことです。

 新人スタッフは、現在実施中の事業と関連付けながら、事業全体のプロセスについて学びました。研修で教えられた主なトピックは、ニーズ調査、支援対象者・畜産指導員・年長者の登録、山羊管理研修、検疫期間、生活回復委員会の組織形成、支援物資の配布、ミルクフェスティバル、モニタリング、地区当局との調整、対象地域でのセキュリティ対策、そして最も重要なコミュニティを動かすスキルについてです。

130620_community_mobilization_sessi

 研修方法は、さまざまな手法を採用して興味をかきたて、活発な対話が生まれるようなものにしています。研修は、それぞれのトピックについて、ロールプレイやケース・スタディ、現場からのストーリーの紹介、グループ作業、ブレインストーミングや講義を交えながら進められました。

130620_group_work_by_the_new_staffs

130620_team_building_exercise_2


 新人スタッフは今後の過密な事業スケジュールに感作されつつ、限られた時間の中でしっかりと内容を習得できるよう、徹底したチームワークで研修に臨みました。




【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】
 

6月 20, 2013 事務所・スタッフ国内避難民支援 |

2013年6月 6日 (木)

新たに流入した国内避難民の状況

 連邦直轄部族地域(FATA)の南ワジリスタン管区は①ラドハ、②セルウォカイ、③ワナの3つの地区に分かれており、ラドハとセルウォカイでは今もなお戦闘が続いています。ワナは戦闘の被害を受けておらず、比較的安全な地域です。

 2008年から2009年にかけての激しい戦闘により、ラドハとセルウォカイのほぼ全人口が、パキスタン国内の様々な地域へ避難を余儀なくされました。その多くはデラ・イスマイル・カーン県、タンク県、カラチ、北ワジリスタン管区、南ワジリスタン管区のワナ地区に移り住みました。

130606_dsc02080

 ディン・ボブライさんは、南ワジリスタン管区のティアルザ郡出身です。彼の故郷での職業は、日雇い労働者で、4人の娘と5人の息子がいます。長男は15歳で、カラチでガイドとして働いています。ボブライさん一家の1か月の総収入は、約10000パキスタン・ルピー(5000パキスタン・ルピーが彼の息子の月給で、あとは日雇労働の日給)でした。

 戦闘の影響を受けたボブライさん一家は、南ワジリスタン管区のワナ地区シャカイ郡まで歩いて避難しました。シャカイにたどり着くまでに、一昼夜かかったといいます。それ以降5年間、ボブライさん一家はテント暮らしを続け、日雇い労働で生計を立ててきたそうです。

 南ワジリスタンの状況は、2012年12月にワジール族の過激派指揮官の死後、最悪となりました。新たな戦闘によって、ワナ地区からも避難民が発生し、デラ・イスマイル・カーン県、タンク県やカラチへ約5000世帯が避難をすることになりました。

 ボブライさんもその一人で、デラ・イスマイル・カーン県のパロア郡、ミラン地区の村に避難し、テント生活を続けています。WFPからは食糧の支援を受けているものの、他の人道支援機関からの支援は一切受けられていません。

130606_dsc02073
 ボブライさんはジェンスタッフに話しました。「故郷での紛争ですべての財産を失い、もう私も家族も完全におしまいです。2~3世代かかっても、私の財産を取り戻すことは不可能です。故郷に帰るより、避難民として生きていくほうがまだましです」

 また、「私と息子が家族全員を養わなければならない。私の妹も、夫の死後一緒に暮らしているが 、妹は目が不自由で、その薬代を私が全部まかなっているんです」とも言いました。

 ボブライさんの話によると、新しく流入してきた避難民の人たちは、シェルターや収入、生活に必要な基本設備の不足により、遊牧民のように転々と移動を余儀なくされています。そのような生活を続けてきたため、ピリピリして落ち着かない精神状態にあるといいます。

 新たに流入してきて、支援を受けられない多くの避難民は、人道支援機関や政府からの援助を待っています。ジェンは今年ボブライさんが暮らす地域を対象に、生計復帰支援を実施します。



【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

6月 6, 2013 国内避難民支援 | | トラックバック (0)