« 働き者のヒズブラ | トップページ | デラ・イスマイル・カーンのスポーツイベント »

2012年9月20日 (木)

デラ・イスマイル・カーンのモンスーン

 ジェンが活動しているデラ・イスマイル・カーン県の現地語では、モンスーン(雨期)のことを「サワヌル」と呼びます。パキスタンのモンスーン期間は毎年7月中旬ころから始まり、9月中旬頃まで続きます。

 2010年以降、モンスーンによる大雨はパキスタン各地で大洪水を引き起こし、インフラや農業に大きなダメージを与えています。被害がこれまでで最も大きかった22010年の大洪水では、ハイバル・パフトゥンハー州やシンド州、バロチスタン州、パンジャブ州で甚大な被害がでました。同年はデラ・イスマイル・カーン県の主要な地域も大洪水に見舞われ、住民約80万人と南ワジリスタンから避難していた国内避難民3万2千世帯が被災し、約15名が死亡、80名が負傷しました。

 この時に被災した人々の一部はいまだに生活環境を回復できず、今もなお家を建て直して普通の生活を再開する為に苦労しています。

 現在、現地災害対策本部の洪水予報部や気象庁はデラ・イスマイル・カーンを含む複数の地域に大雨・洪水注意報を発令しています。UNOCHA(国連人道問題調整事務所)によると、既に今年のモンスーンの雨によってデラ・イスマイル・カーン県の都市部では洪水が発生しているとのことです。この洪水による犠牲者は出ていませんが、一部の家屋や道路がダメージを受けており、ある場所では橋が完全に崩壊し流されてしまったそうです。

 
 国連はモンスーンによるあらゆる被害に対応するために、国際NGOなどの協力を受け危機管理計画を策定しました。パキスタン政府当局も、正式な危機管理計画はありませんが状況を注視しています。JENも被害状況に注意を払いながら、活動を継続していきます。

9月 20, 2012 文化、生活、習慣 |