« 洪水被災者支援から、紛争国内避難民支援へ | トップページ | 2011年のラマダン »

2011年7月28日 (木)

新しい事業地

 7月17日、ジェンのチームはデラ・イスマイル・カーン県を訪れました。ジェンはここで、南ワジリスタン管区から紛争を逃れ、県の北部に位置するパハルプル郡で暮らしている国内避難民の支援事業を開始します。
 ジェンはこのパハルプル郡の中で選定した3つの村で暮らす国内避難民を対象に支援を行います。事業地となる村はデラ・イスマイル・カーン市から50kmほど離れたところにあります。

110728

 デラ・イスマイル・カーンへの最初の訪問では、事務所候補である建物をいくつかチェックしました。同県があるカイバル・パフトゥンハー州は地域全体で治安に問題があり、事務所に適した場所の選定は中々難しく、注意が必要です。
 場所の最終決定をする前には、確認しなければならない点がいくつかあります。例えば、一般の人が簡単にアクセスできるような、人口密度の高いエリアに事務所は置くべきでないし、VIP達が住んでいてテロのリスクが常にあるような目立ちやすい場所も適切ではありません。

 デラ・イスマイル・カーン県は周辺地域の中でも夏の暑さで有名で、ジェンチームの滞在中も気温はずっと36度~42度でした。同地域の北部で予報されていた雨も、私たちが滞在していた1週間の間は降りませんでした。

110728_2

 デラ・イスマイル・カーン市の東部にはインダス川が流れており、川岸にはピクニックにちょうど良い場所や、川魚などの料理を提供する良いレストランがいくつかあります。夕方になると、日中猛暑で苦しんだ人たちが夕涼みに川へ行き、ボートで川渡りを楽しんだりします。

 また、デラ・イスマイル・カーン市はカイバル・パフトゥンハー州、パンジャブ州、バロチスタン州の州境に位置し、インダス高速道路が同市を通ってペシャワールからカラチまで走っているため、多文化都市となっています。

110728_3

 デラ・イスマイル・カーン県の現地用語はサライケ語(パンジャブ語に似ている)です。同市にはパシュトゥーン民族、サライケ民族、パンジャブ民族、バロチ民族が住んでいるため、人々が様々な衣装で歩いている所を見るのも、この町ではよくあることなのです。

====== ご報告 =============

平成23年度 外務大臣表彰受賞しました。

これまで、JENの活動を温かくご支援くださいました、
支援者の皆様に、深く感謝申し上げます。
詳しくは、こちら

========================


7月 28, 2011 国内避難民支援 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい事業地: