« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

洪水被災者のサクセスストーリー

 チャルサダ県はとても豊かな土壌に恵まれた地域です。この土地には灌漑の大切な水源となる3つの川が流れており、さとうきびやてんさい、たばこ、小麦、とうもろこし、オクラ、トマト、キャベツ、茄子、ほうれん草など様々な野菜が採れます。

 チャルサダ県で生産される野菜の中でも、ここ5年は特にニガウリの生産量が豊富です。ニガウリは国内の市場だけでなく、ドバイやアブダビ、アフガニスタンなどの国際市場でも売られています。

110630_a_glance_at_picking_in_the_f  タジャカイ村で20年以上農業を営むグル・マストさん(30歳)の一家もまた、ニガウリを商業用に大量生産しています。グルさんは二人の兄と一緒に、2006年から木製の枠組みを使ってニガウリの栽培を始めました。木製の枠組みを使用すると、生産性が高くなるからです。

 グルさん一家はもともと地元の市場で野菜を売ったり、都市部のお店に直接卸したりしていました。その一方で、チャルサダ県には卸売業者も入ってきており、農家から輸出用の野菜を集荷していました。卸売業者はニガウリをアラブ首長国連邦に輸出しており、グルさんも一年間は卸売業者に野菜を卸していましたが、自分で事業を起こし、ニガウリを世界中の国々に輸出したいと考えはじめました。グルさんがこの考えをお兄さん達に相談すると、二人は賛同し、輸出事業に必要な免許や資格の情報を集め始め、ついにグルさんたちは自分の会社を立ち上げました。そして2009年にはニガウリの輸出業を始めたのです。110630_bitter_gourd_crop_is_being_2

 グルさんとお兄さん達は他の同業者と同じように地区全体からニガウリを集荷していました。野菜の集荷と梱包の作業は10~15名の従業員にまかせて、格付けは自分たちで行いました。

110630_bitter_gourd_got_packed_in_c

 しかし、グルさんによると、去年は大洪水でグルさん一家の土地も野菜の集荷先の農地も破壊されてしまい、ほとんど仕事にならなかったそうです。そのような状況の中、「ジェンの支援によって農地が再び野菜を生産できる状態まで回復し、元々自分たちの土地で育てていた種類の野菜の種を受け取ることができて良かった」とグルさんは言います。さらに、ジェンの収穫前・収穫後農業研修で得た知識・能力により、生産のムダを大幅に減らせるようになったことも感謝しているそうです。

110630_cardboard_cartons_of_gul_mas

 今年、グルさんは6月初めから輸出を開始しました。6月19日までの間に、3150キロのニガウリを地元の市場に卸し、21550キロをドバイに輸出したそうです。今年は10月までニガウリの輸出と地元市場での販売を続けることにしているとグルさんは言います。グルさんは、今年の商売は前よりもずっとうまくいくだろうと期待に胸をふくらませ、倉庫や格付け用の小屋を設置する計画もたてています。110630_export_quality_crop_in_the_c

6月 30, 2011 北西部大洪水 被災者緊急支援 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

花の町、ペシャワール

 JENが現在活動しているペシャワールは、南アジアと中央アジアへの玄関口として古くから交通・商業の要地として栄えてきました。その歴史は、紀元前6世紀のガンダーラ王国の時代にまで遡ります。

 現在ペシャワールの人口は約300万人、東はイスラマバードやラホール、南はカラチへと道路がつながり、流通の要となっています。そして、有名なジャムロッド・ロード(Jamrod Road)はアフガニスタンにつながっています。

 ペシャワールは10年ほど前まで、花が溢れる町として知られていました。パキスタン北西部ハイバル・パフトゥンハー州の州都であり、高等教育や病気の治療を受けるために沢山の人々がペシャワールを訪れていました。町中の公園では、多くの人々が一日の仕事の疲れを癒したり、家族や友人と楽しい時間を過ごしたりしていたものでした。

110616_3

 ペシャワールはホスピタリティの豊かな場所としても知られています。70年代後半、アフガニスタン紛争が起きた際は、多くの難民が命を守るためにパキスタンに逃げなければなりませんでした。その難民の多くがペシャワールの難民キャンプや親戚、友人の家に避難したのです。彼らがペシャワールを選んだ理由は、カブールやその他のアフガニスタンの都市と文化的背景がとても似ていたからです。

 2009年に、スワット渓谷や連邦直轄部族地域(FATA)で衝突が起きた際も、多くの住民がペシャワールに避難しました。

110616_5

 しかし、頻繁にテロが発生するようになり、今のペシャワールは「戦争の町」もしくは「爆発の町」と呼ばれるようになってしまいました。今、毎日のようにペシャワールの人々の尊い命がテロによって失われています。治安上の問題から、自国民にペシャワール地域への訪問を制限している国もあります。

 このような状況の中でも、ペシャワールの人々は自分の生まれ故郷に残ること選び、熱心に学校や仕事に通っています。テロや事件が起きる度に救出活動を手伝い、献血に協力もします。いつかこの戦争とテロの時代に終わりが来ることを信じているからです。


 ペシャワールの人々は、近い未来、この街がまたたくさんの花で溢れ、古い町並みやパシュトゥーン文化を楽しむために世界中から旅行客が訪れる日が来ることを信じています。

6月 16, 2011 文化、生活、習慣 |

2011年6月 2日 (木)

タジャカイ村UCニサッタ地区での収穫トレーニング

農業の専門家が最新の安全な野菜の収穫方法を指導しています。

110602_2_2

農家は指導を受けたのち、ヘチマを収穫します。

110602_3_2

現場のアシスタントが農村地域で野菜の選別・梱包方法のセッションを行います。

110602_4_2

場の指導者が畑に出て、ゴーヤの適切な選別方法を指導します。

110602_5_3

ゴーヤの梱包方法が改善されました。

1106026

収獲管理のセッションで学んだ後に梱包されたヘチマと農家の方たち。

6月 2, 2011 北西部大洪水 被災者緊急支援 |