« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月17日 (木)

洪水の爪あと-農地修復に向けて

Image003 昨年発生した洪水の爪あとは、未だ、多くの農地に残っています。

Image001 カールベラ村で、農家のニサル・カーンさんと、その子どもたちに話を聞きました。
カーンさんの農地は、今も、泥と雑草に覆われたままです。

Image003_2 そこで、この村で、JENのスタッフが、農地修復の指導を始めました。
トラクタで農地の泥をかき集め、耕作に適した農地へと修復をしていきます。

Image002 シェルカーン・カライ村とカバリ・コロナ村では、農業トレーニングを行いました。
農業トレーニングでは、トレーナーが農薬の有害性と堆肥の作り方の説明から始まりました。

Image001_3  次に、参加者の一人・ヨーナス・カーンさんが、伝統的な農法について、農地の耕し方から
異なる野菜の苗を同じ畑に植える時の注意点などを、参加者に紹介しました。

Image004 もちろん、実際に農地に行って、修復作業や農地の準備の仕方を学びます。

2月 17, 2011 |

2011年2月 3日 (木)

農地調査と修復作業、進行中!

Image002

タジャカイ村での農地調査の様子;
農民のグル・タシールさんがジェンのスタッフチームに間作予定地を見せながら説明をしています。

Image003

タジャカイ村での農地修復の様子

Image005

ジェンのスタッフチームが農地修復が行われる予定の農家の人と話し合いをしています。

Image007

トラクターのブレードで農地から余分な土と雑草を取り除いています。

Image009

ジェンのチームが農家の人々と一緒に、50%修復した農地を観察しています。

Image011

農地修復事業が進んでいます。

2月 3, 2011 北西部大洪水 被災者緊急支援 |