« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月25日 (木)

スワートの勇敢な女性

090625_brave_lady_of_swat1_low  私はフィールドアシスタントの一人として、先週からJENでの仕事を始めました。

 スワビ出身の私は、以前は現地機関で働いていました。JENでの仕事は、コミュニティの人々と直接話をすることで、彼らの抱える問題を直に知ることができるので、とてもやりがいがあることだと感じています。

 JENが支援を開始したマルダン県ナライ地区で、私は国内避難民の家族が暮らす学校を訪ねました。生活環境は、日に日に悪化しているため、避難先で生活する人のなかには、そこに訪れた私たちJENスタッフをみて、まるで天使のようだという人々もいました。また、私は、ナライ地区で家族を支える一人の女性にも出会いました。

 彼女は、7人の子どもをもつ一方、夫は障がいを抱えているため十分な稼ぎがないことを打ち明けてくれました。かつて彼女たちは、紛争の中心地であるスワートでお店を営んでいましたが、この唯一の収入源だったお店から今は遠く離れ、国内避難民となった彼女らの生活を支える収入はありませんでした。090625_brave_lady_of_swat2_low

 しかし、その女性は一方で、マルダン県に来て、嬉しい経験も話してくれました。

「避難民としての生活が厳しくなる中、私は家族のために何かしなくてはと思い立ったものの、何をしたらいいか分からずにいました。そこで、近所の人々に相談をしてみました。

ある女性が私に、女性用の服を縫うことはできるか、と尋ねたので、私は、もちろん、と答えました。マルダンでホストファミリーと暮らすその女性は、何処からか調達したミシンと糸、そして針を私にくれました。私は近所に住む女性のために服を作り始め、お金を得ることができました。

すると、ほかの村の女性たちからも服作りの依頼があり、今では家族のための食料も、夫のための薬も買うことができています。すべては、私を助けてくれた近所に住む人々の優しさのおかげです。彼らの支えなしには、自分の技術を活かし、稼ぎを得ることはできなかったでしょう」

*********************

このたびの緊急支援に、

皆さまの、ご支援をよろしくお願いいたします。

ご寄付は、こちらまで

その他、お問い合わせは、電話:03-5225-9352

または、info@jen-npo.orgまで

*********************

6月 25, 2009 支援物資配布緊急支援 |

2009年6月18日 (木)

故郷から続く川

180609_idps_living_outside_camps__7  武装勢力とパキスタン政府軍との戦闘は、パキスタン北西辺境州で続いています。その中でも、スワート県は、紛争の中心地にあり、沢山の避難民を出しています。

 ここに住む人々は、新鮮で冷たい湧き水や氷河から流れ出る水など自然の恵みを享受してきました。そして、フルーツ、牛乳や肉、その他必要な栄養を摂り、バランスのとれた食生活を送ってきました。豊富な自然の中での生活は、市街地に住む人々よりも豊かであるとすら言われるほどです。高地にあるスワートの夏は、とてもさわやかで避暑地として有名です。パキスタン各地からたくさんの家族連れが訪れ、また、心地よい気候や、壮大な氷河の景色、美しく豊かな湖や緑の渓谷を楽しむのです。

 わたしたちは、このたびの緊急支援のために、スワートから南に下ったマルダン県や、スワビ県で活動を開始しました。スワート県を美しく彩っている沢山の川やその支流は、やがてマルダン県やスワビ県に流れ込み、この地域の人々の農業や飲み水に使われているのです。180609_idps_living_outside_camps__8 

 マルダン県で、川沿いに暮らす国内避難民のおじいさんに話を聞きました。

「この川を見るたびに嬉しさと、そして悲しさがこみ上げてきて、とても複雑な気持ちなります」

その理由を尋ねると、

「この川は、私の故郷スワート県のカラムというところにある氷河から流れ出てきてるのです」と教えてくれました。

180609_idps_living_outside_camps__9 「私の故郷では、農業や飲み水、また水浴びも、すべてこの川の水を使っていました。この川を見て懐かしむたびに悲しくなるのです。でも、故郷から100キロ以上離れたこのマルダンの地においてさえ、私は、この水を使って生きることができます。同じ川の水を使っていることをとてもうれしくも思うのです。川の水は、スワートで見るよりは澄んでいません。それでも、私たちは同じ川の水で水浴びをします。私たちの故郷から続くこの川は、マルダン県とスワビ県の広大な土地に水を運んでいるのです」

*********************

このたびの緊急支援に、

皆さまの、ご支援をよろしくお願いいたします。

ご寄付は、こちらまで

その他、お問い合わせは、電話:03-5225-9352

または、info@jen-npo.orgまで

*********************

6月 18, 2009 文化、生活、習慣緊急支援 |

2009年6月11日 (木)

緊急支援に向けて

090611__low

 6月4日、多くの支援者の皆さま、そしてジャパン・プラットフォームの協力を得て、パキスタン北西辺境州で発生している多くの国内避難民のための、緊急支援を開始しました。

 対象となる地域は、マルダン県とスワビ県です。約1,200世帯を対象に、テントやキッチンセット、衛生キット、蚊帳など、生活用品の物資を配布する予定です。

 JENにとって今回の支援は、パキスタンで行う3回目の緊急支援事業となりました。これまでの経験を大いに活かしてゆくことができる一方で、拠点となる場所の選定や一緒に働くスタッフのリクルートなど、一連の準備にはこれまで同様、慎調に行っています。

 現在、首都イスラマバードのJENオフィスでは、国内避難民に配布する物資の調達をはじめています。物資が揃うまでの間、現地スタッフは、事業地の行政官や社会福祉団体とコンタクトと調整をし、さらに、物資配布をサポートしてもらう新たなスタッフの確保に努めています。と同時に、現地の調整会議に参加して情報収集も行っています。

090611__low_2

 1日も早く被災者に支援の手を届けられるよう、スタッフ一同、事業の立ち上げに全力で取り組んでいます。

写真①:配布予定の生活支援物資の一部
写真②:業者倉庫での検品の様子

********************* 皆さまの、ご支援をよろしくお願いいたします。 現地の状況は、こちらまで ご寄付は、こちらまで その他、お問い合わせは、電話:03-5225-9352 または、info@jen-npo.orgまで *********************

6月 11, 2009 支援物資配布緊急支援 |

2009年6月 4日 (木)

イスラマバードでの生活

090604_1_aalu_bukhara_low  現在イスラマバードに住む人たちの最大の懸念は、治安の問題です。

 政府軍とアフガン国境に近い部族地域に伸ばす勢力との戦闘が激化するにしたがい、大都市での報復テロや外国人を狙った誘拐の恐れが高まっています。わずか4,5年前のイスラマバードは、テロとは無縁の街だったそうですが、今はいつ来るか分からない見えない脅威のために、街が閉塞感に包まれています。

 イスラマバードに駐在する我々スタッフも、以前は夜間に街の中心部のレストランやカフェに出かけて行ったり、事務所の外を自由に散歩したりしていましたが、今では事務所兼宿舎からの外出の頻度も大きく減りました。

 このような生活を考えると気分が滅入りますが、事務所での生活にはちょっとした癒しもあります。ここイスラマバード事務所は最近、集合住宅から一戸建て住宅に移転しました。新しい事務所兼宿舎には、プラムのような果物のなる木が植わった庭があり、野鳥が事務所に巣を作っています。090604_2_tree_pie_low

 殺伐とした街の状況の中で、このような自然や生きものとふれあう機会は小さな安らぎとなっています。

写真①:アール・ブハラ(Aalu Bukhara)という果物の木
写真②:ツリー・パイ(Tree Pie)という野鳥

*********************

アフガニスタンとの国境近く、北西辺境州にて避難生活を送る

国内避難民を対象に、生活用品の配布を含む緊急支援を始めました。

皆さまの、ご支援をよろしくお願いいたします。

現地の状況は、こちらまで

ご寄付は、こちらまで

その他、お問い合わせは、電話:03-5225-9352 または、info@jen-npo.orgまで

*********************

6月 4, 2009 |

北西辺境州での国内避難民への緊急支援がはじまりました

*********************

アフガニスタンとの国境近く、北西辺境州にて避難生活を送る

国内避難民を対象に、生活用品の配布を含む緊急支援を始めました。

皆さまの、ご支援をよろしくお願いいたします。

現地の状況は、こちらまで

ご寄付は、こちらまで

その他、お問い合わせは、電話:03-5225-9352 または、info@jen-npo.orgまで

*********************

6月 4, 2009 支援物資配布緊急支援 |