« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月29日 (木)

ジェンでの3年間、その2 ~現地スタッフ アズマット~

090122_20081114jpfassessmentchongib  私は、毎日楽しくジェンで働いています。チームの仲間とは、意見の交換を行ったり、常に提案に対して耳を傾けてくれるだけでなく、知識や経験を共有してくれるからです。事業を行っている間に何か失敗したとしても、決して声を荒げることなく、どうやって改善すればよいか、どうやってそのような失敗を回避できるかを教えてくれます。これは何かを学ぶためには最も良い方法だと思います。

 睡眠が十分取れなかったり、食事も不十分だったりすることもある現場での仕事は、時には非常にハードなものです。それでも、支援を必要としている人のためと思うと、よりやる気がでてきます。090122_20081116jpfassessmentkaanban

 私たちは、カシミール地方で、数多くのプロジェクトを行いました。現在は、昨年末に発生した地震で甚大な被害を受けたバロチスタン州で被災者支援活動を行っています。この地域は、文化も生活様式もカシミールとは全く異なっています。カシミールは、インドの国境近くに位置するのですが、停戦合意がなされているため治安は安定しています。また住んでいる人びとも比較的に開放的です。JENの現地事務所からの距離もそれほど遠くはありません。

090122_20081117jpfassessmentkaanban  一方、バロチスタンは正反対の状況です。事業地はアフガニスタンの国境近くなので、常に治安の問題があります。また、クエッタに設立した事務所からも片道110キロの場所にあり、毎日往復220キロを移動しなければなりません。事業地の人びとは、宗教心に篤く保守的で、家の周りにも高い塀をめぐらせています。

 このプロジェクトに携わっているジェンスタッフは全員、現地の文化やルールを尊重しながらコミュニティとの共同活動を行っています。そのためか、現地の人びとからの反応も良好です。尊重の気持ちを忘れずに活動を行っているからこそ、地震発生直後に家の中の写真を撮ることを許された最初の団体になれたのだと思います。

 コミュニティと協働し、プロジェクトを進めることは、とても重要です。今回も、カシミールの時と同様に、ジェンが配布した越冬用のテントを、ジェンスタッフの指導を受けながら受益者が自分たちで建てています。そして、非常に良い状態で、住民自らがテントの維持管理を行っています。090122_20081116jpfassessmentkaanb_2

 これまでの私たちの活動は、現地政府からも注目されています。先日は、地区調整会議長から自宅での食事に招かれました。また、現地新聞2誌で、バロチスタンでのジェンの活動が写真入りで報道されました。

 将来のジェン事業も、バロチスタンの事業同様スムーズに進むことを願っています。

090122_20081201jpfassessmentpinakai ジェンは現在、バロチスタン地震の被災者へ、緊急支援を実施しています。皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。 ご寄付はこちらまで クレジットカードによる寄付 

1月 29, 2009 事務所・スタッフ文化、生活、習慣 |

人びとにあらわれた効果

090115_  2006年の復興期に入ってからは、復興を必要とする各分野の中でも、特に遅れが顕著だった教育分野の復興支援に力を入れました。

 日本政府を始めJICA、企業、ユニセフ、そして支援者の皆さまのご支援により、学校再建、地震で破損した学校の水供給・衛生設備設置、学校用備品の配布など幅広い活動を実施しました。

 また、学校建設のようなハードウェアと呼ばれる物を提供する事業以外にも、衛生教育ワークショップ、防災ワークショップ、子供のためのスポーツや絵画を通じた心のケア活動など、子供たちの知識向上や心のケアも重要な分野としてフォーカスしてきました。

 衛生教育とセットで行った学校の水供給・衛生設備設置事業では、ハベリ郡の中でも特に被害の大きかった4地区全120校で、泉から学校まで安全な水を供給するパイプと水飲み場を設置しました。また、学校内にごみ箱と簡易トイレの設置を完了しました。

 これによって、学校にトイレが無いために女の子を学校に送らないという家庭も減り、児童の出席率向上に役立ちました。

 防災教育では「悪い行いを罰するためにアラー(神)が怒って地震が起こった。だからまた悪いことをしたらまた地震が起こるかもしれない」と怯える子どもたちに、正しい地震のメカニズムや日頃からの備え、地震が起こったときの対処法などを伝えながら、心のケアに取り組みました。

 これらの事業は旧ユーゴスラビア時代から「心のケアと自立の支援」をモットーとするジェンの経験が新たな地域で活かされた好例だと思います。

1月 29, 2009 パキスタン地震 緊急支援 |

2009年1月22日 (木)

ジェンでの3年間、その1 ~現地スタッフ アズマット~

Img_4056_low  私がジェンで働き始めたのは2005年10月15日に発生したカシミール大地震の直後からでした。その前は、国際機関で働いていました。大地震が発生したとき、救援ボランティアとしてカシミールか北西辺境州に行きたいと考えていました。まさにその時、ジェンで通訳として働いていた友人からの電話で、ジェンがスタッフを探していることを聞きました。NGOの活動に加わることは、支援を必要としている現地の人たちを組織的にサポートできる、最も適切な方法なのではないか、と考え、早速ジェンにコンタクトを取り、フィールドオフィサーとして採用されました。

 ジェンのスタッフになって最初の1週間、カシミールの被災地で国際スタッフとともに働き、非常に感銘を受けました。というのも、仕事の仕方が同じ地域で活動している他の組織と大きく違ったからです。当時、私が一緒に働いた日本人スタッフは非常にプロフェッショナルでハードワーカーでした。時間も食事も天気も気にせず、気にかけていることは唯一、一刻も早く必要な人びとに支援を届けることだったのです。Img_3750_low

 私は主に現場で働いていましたが、イスラマバードで働いているスタッフにも感銘を受けました。この女性の日本人スタッフは、連日、朝の3時まで働いているのです。フィールドとイスラマバードで働く2人の姿を見て、私も彼らと同じように働こうと努力しました。これまで成功しているかどうかわかりませんが!?!、今も最善を尽くしています。

Img_3951_low 続く

皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。 ご寄付はこちらまで クレジットカードによる寄付 

1月 22, 2009 事務所・スタッフ文化、生活、習慣 |

カシミールで支援をはじめて

090115_a23_low  2005年10月の地震発生を受けて3日後、国際スタッフが現地入りしました。既に冬が始まっていた現地で、越冬支援物資配布などの緊急支援活動を開始しました。

 地震被災地は、パキスタンの北西辺境州からアザド・ジャンム・カシミール州に渡る広範な地域にわたっていましたが、ジェンは幹線道路から遠く離れているために、支援が特に届きにくいとされていたカシミールのバーグ県ハベリ郡を支援地域に決定しました。そして、緊急の支援物資として、テント、毛布、マットレス、キッチン・セット、衛生用品セット、防寒着などの配布を行いました。

 これをきっかけに、ハベリ郡のコミュニティと良好な関係を構築。JENのすべての活動、特に物資の配布ではコミュニティから多くのサポートを受けることになりました。人びとは、支援を待つのではなく、道路から離れた山の奥であっても、進んで物資の輸送を行い、重い学校用テントの設置に協力してくれました。

ジェンは現在、バロチスタン地震の被災者へ、緊急支援を実施しています。皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。 ご寄付はこちらまで クレジットカードによる寄付

1月 22, 2009 パキスタン地震 緊急支援 |

2009年1月15日 (木)

カシミール現地事務所閉鎖のお知らせ

090115_2007octpkjpf3lkwes5_low  2005年のパキスタン大地震発生直後から、被災地のアザド・ジャンム・カシミール州バーグ県ハベリ郡で緊急支援、震災復興の事業を実施してきました。その活動は皆さまのご支援の下で3年以上に渡って継続されてきました。現地の復興が起動にのり、パキスタン政府、国際機関、NGOの震災復興支援が最終段階に入りました。従って、ジェンも現地事務所を2008年末に閉鎖することになりました。

これまでカシミールの人々を応援してくださった支援者の皆様には深くお礼を申し上げます。

次週より、3年間の支援をふりかえってみたいと思います。お楽しみに。

ジェンは現在、バロチスタン地震の被災者へ、緊急支援を実施しています。皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。 ご寄付はこちらまで クレジットカードによる寄付

1月 15, 2009 パキスタン地震 緊急支援 |

地震から2ヶ月が経過して

090115_20081215jpfmonitoringchungiz  パキスタンの南西部バロチスタン州で、マグニチュード6.4の大規模な地震が発生したのが、2008年の10月29日。その後11月3日には、ジェンは現場で初動調査を行い、支援地域と分野を決定。11月11日には、最も被害の大きかったピシン県とジアラット県にて支援を開始しました。

 それから2ヶ月が経過した1月10日。当初予定していた500セットの越冬用テントの配布を完了しました。震災の現場では、日々急速に低下していく気温との戦いでした。

090115_kach_shamozai_low  支援開始当初、効率性を考えて越冬用テントと生活物資(マットレス、キッチンセット、ストーブ、衛生セット等)を同時並行で配布する予定としていました。しかし、冷え込みの激しい山間部にあるピシン県とジアラット県では、寒い夜間も屋外で過ごすことで病気になる子どもが沢山いたことや、寒さのために村を捨てることを検討し始めている人びとが出てきたため、急きょ配布方法を変更。まず越冬用テントを配布することが先決と判断しました。

現在、ピシン県とジアラット県の気温は、毎日マイナス10度まで下がっているそうです。しかし、テントを受け取った500世帯の家族は、暖かい冬用テントで安全な生活を送っています。

ジェンは現在、バロチスタン地震の被災者へ、緊急支援を実施しています。皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。 ご寄付はこちらまで クレジットカードによる寄付

1月 15, 2009 |

2009年1月 8日 (木)

バロチスタンの子どもの暮らし

090108_shakeel_khan_low  バロチスタンで震災被災者に対する支援活動を行う中で、たくさんの子どもたちが親の仕事を手伝っているのを目にしました。商店やバスやリンゴ農園などでのお手伝いです。

 そんな中、シャヒール・カーンという11歳の少年に出会いました。彼は、お父さんの果物屋を手伝っていて、その果物屋は一家の唯一の収入源なのだそうです。2人の妹と1人の弟がいて、毎日学校から戻るとすぐ、店に出てお父さんの手伝いをします。お父さんは毎日とても早く起きて、果物市場にその日売るための果物を仕入れに行くそうです。

 シャヒールに、いつ勉強しているのかを聞きました。店に教科書を持って行って、お客さんのいない時間に勉強や宿題をすると言いました。スポーツが大好きで、特にクリケットが好きだと言いますが、平日はお店のお手伝いをするので、日曜日や祝日の朝しか友達とクリケットをすることができないそうです。それでもお店でのお手伝いが好きだと言っていました。

 シャヒールの家も学校も地震で被害を受けましたが、地震はそれほど怖くないそうです。弟と2人の妹とお母さんは、今もテントで寝ていますが、お父さんとシャキールは家の中で寝ているそうです。ただ、すぐに逃げられるように、ドアを開け放しにしてドアのそばで寝ているそうです。

ジェンは現在、バロチスタン地震の被災者へ、緊急支援を実施しています。皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。 ご寄付はこちらまで クレジットカードによる寄付

1月 8, 2009 |