« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月18日 (木)

カシミールのモッタイナイ精神

080918_low_3  支援の届きにくい地域・人びとへの支援をモットーに活動するJEN。パキスタン地震被災者支援を行っているバーグ県ハベリ郡は、カシミールの山々と未舗装の悪路をいくつも越えた先にあります。

 そんなハベリ郡で見かける車はジープや4WD、トラックなどが多いです。中でも乗用車で一番よく見かけるのは、写真のようなトヨタカローラの1974年モデルです。

 日本では博物館に展示されている、いまや“クラシックカー”の部類に入る車です。しかし、カシミールでは、より燃費の良いディーゼルエンジンに変え、外装はそのまま。カシミールへの道を元気にたくましく走り回っています。30年も前の車を大切に乗り続けるカシミールの人たちはすごいですね。

080918_low_4  ではJENパキスタンは?トヨタカローラ、ではなく4WDで山道をすすみ、日本の皆さまの支援を届けています。

★☆☆★★☆☆   オンライン寄付のご案内   ☆★★☆☆★☆

~これからは オンラインで かんたんに ご寄付 いただけます~

キャンペーン実施中!2008年11月30日まで

くわしくは
こちら



皆さんのお気持ちを、その温かさそのままに、
      JENが確実にお届けします。

★☆☆★★☆☆★☆☆★★☆☆★☆☆★★☆☆★☆☆★★☆☆★

写真①カシミールで走っているトヨタカローラ
写真②地元で‘悪魔の通り道’と呼ばれる難所

9月 18, 2008 文化、生活、習慣 |

2008年9月 4日 (木)

よりよい教育環境提供のために

20080904mofatakarpurasmcmeeting_3_2  外務省、個人・団体など、皆様のご支援により、バーグ県ハベリ郡カラムラ地区にて耐震構造の軽量鉄筋構造校舎6校を建設しています。1校舎あたり40名の生徒が収容できます。

 いままで子どもたちは雨や雪の降る日も、強風が吹く日も、屋外での学習を余儀なくされていました。この校舎が完成すると、全240名の生徒が安全で快適な環境で学習をすることができるようになります。

 建設している学校は、どこも幹線道路から離れた山の中腹に位置しています。そのため、校舎の部品をなるべく細かく分け、少しずつ学校まで運び、それを組み立てる、という地道な作業のもと建設を行っています。

 まもなく完成する校舎へ、子どもたちが元気に学校に通う姿を楽しみに、これからも地震被災地での教育環境改善支援を続けていきます。

★☆☆★★☆☆   オンライン寄付のご案内   ☆★★☆☆★☆

~これからは オンラインで かんたんに ご寄付 いただけます~

キャンペーン実施中!2008年11月30日まで

くわしくは
こちら



皆さんのお気持ちを、その温かさそのままに、
      JENが確実にお届けします。

★☆☆★★☆☆★☆☆★★☆☆★☆☆★★☆☆★☆☆★★☆☆★

9月 4, 2008 学校修復・建設 |