« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月29日 (木)

子どもたちのアートワークショップ2008年

080527_kangranartworkshop  三井住友海上火災保険(株)様のご支援のもと、昨年に引き続き、地震被災児童を対象にした心のケアのアートワークショップを開催しました。

 ワークショップでは、大きな紙に全員で描く作品と、個人で描く作品の2種類の絵画を楽しみました。大きな作品は、学校の仲間全員の「友達のしるし」として学校の壁に飾られています。個人の作品では、お互いの自己紹介に使ってもらいました。全員、絵筆を使うのは初めてとは思えないほど上手に絵を描いていました。080527_kangranartworkshop_1_2

 このワークショップ目的は、絵画を楽しみ、心を癒すことができただけではありません。仲間と協力して作品を作ることで、チームワークの心の育成になったのではないでしょうか。

 世界の子ども同士が絵を通じてお互いを支えあうコンセプトのもと、定期的に実施されているこのワークショップ。今年、パキスタンの別の村から届いた子どもたちのメッセージが、来年も再び世界のどこかの子どもたちへエールとなって届くことでしょう。

5月 29, 2008 企業の皆さまからのご支援教育支援 |

2008年5月15日 (木)

まもなく完成、3校目!

20080420mofapkhotarscool  外務省や団体、皆さまのご支援のもと、バーグ県ハベリ郡にて再建中の耐震構造の小学校がまもなく完成します。

 パキスタン山間部での建設は、日本での建設とは全く違った苦労があります。たとえばコンクリートの壁です。日本では生コンクリートをそのまま運ぶことが可能ですが、パキスタンではセメント・砂・石を道路から少しずつロバで運び、その場で混ぜてコンクリートを作ります。

 このように、一つ一つの作業には非常に時間がかかりますが、少しずつ完成していく校舎を見ながら、復興の歩みを実感しています。目に見える確実な変化が人々の心に将来への前向きな気持ちをもたらす心のケアにつながっているのです。

5月 15, 2008 学校修復・建設 |

2008年5月 1日 (木)

クリケットの奥義

20080428_pkisbcricket  パキスタンの人気スポーツは何といってもクリケットです。JENの事務所がある首都イスラマバードでも、子どもたちがクリケットをしている姿をよくみかけます。

 クリケットが盛んな国はパキスタンの他にイギリス、スリランカ、インド、南アフリカ、オーストラリアなどです。JENスタッフによると、パキスタンのクリケットの特徴は、「オーストラリアや南アフリカは“頭”でプレーするが、パキスタンは“ハート”でプレーする」ところだそうです。

 治安の悪化ばかりが注目されがちなパキスタンですが、街角でクリケットを楽しむ子どもたちを見るとほっとした気持ちになります。JENの事業地バーグでも、地震により心に傷を負った子どもたちを癒せるよう、スポーツを通した心のケア事業を続けて行っていきます。

5月 1, 2008 文化、生活、習慣 |