« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月19日 (水)

家の中でも防災教育

20080103  バーグ県ハベリ郡での学校防災教育ワークショップが完了しました。現在、各学校や家庭を訪れ、ワークショップの効果をはかる事後評価を実施しています。

 ワークショップでは国際協力機構(JICA)から供与していただいた教科書を活用しました。教科書が大のお気に入りで、毎日読んでいるというスランガ女子中学校に通うウズマちゃん(11歳)。JENが行った評価テストは満点でした。「ワークショップでもらった絵本が大好きです。今は妹やお母さんにも読んで聞かせてあげています。」

 JENは地域全体の防災教育知識を高めることを目的として、教員研修、保護者と生徒向けのワークショップを実施しています。このように家庭の中で語り継がれていくことが、知識普及のための大きな第1歩なのです。

3月 19, 2008 地震教育 |

2008年3月 6日 (木)

カシミール流冬休み

080306_mofa  雪が積もる間、標高の高いところにある学校では3ヶ月ほどの長い冬休みがあります。JENの学校建設現場も1月から雪に覆われていましたが、やっと雪解けが始まりました。

 ある日、冬休み中の生徒の家をのぞいてみると、女の子たちが集まっていました。「学校がお休みの間、いつも何をしているの?」と聞いたところ、口をそろえて「もちろん宿題」と答えます。しかし手元にはノートとペンではなく、小石が転がっています。そこで、「先生には内緒だから本当は何をして過ごすの?」と聞いてみると、「かくれんぼとお手玉」という答えが返ってきました。

080306_mofa_2  カシミールの子どもたちは小石を使ってお手玉をします。大自然と一緒に生きる子どもたちならではの遊びだと感心するのと同時に、子どもたちの楽しみは日本もパキスタンも一緒なのだと思いました。

参考情報:バーグ県ハベリ郡にある学校の冬休み期間は12月15日~3月1日

(左上写真:雪に埋もれる建設現場、右下写真:小石でお手玉)

3月 6, 2008 文化、生活、習慣 |