« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月27日 (木)

3校目の学校を再建中

20071227mofahotarschool_7 パキスタンは、日本よりも一足早く、犠牲祭と呼ばれる祝日を終え、12月21日に新年を迎えました。例年通り、カシミールの山々は雪に覆われ、1年で最も寒い季節です。

極寒の中、外務省、個人・団体の皆様のご支援のもと、バーグ県ハベリ郡にて地震により倒壊した学校の再建を行っています。JENはこれまで2校の学校再建を完了しました。今回の学校で3校目の耐震構造の学校建設となります。

現在は耐震構造設計の要となる基礎工事の真っ最中です。 すでに完了した2校と同様、現在再建中の学校も山の中腹にあり、非常に難しい立地条件の下、事業を実施しています。 一刻も早く、子どもたちが安心して学校に通うことが出来るよう、事業を進めています。

12月 27, 2007 学校修復・建設 |

2007年12月13日 (木)

ついに完成、3本の柱

Wss_bhs_fateh_pur_1_resize_2   今年も事業地に雪が降り始めました。地震から3度目の冬を迎えるバーグ県ハベリ郡にて、JENが行ってきた活動が地元新聞紙に紹介されました。記事では、JENが地震直後から事業を行ってきたことへの感謝と、JENが行った学校への水・衛生事業により、子ども達の教育環境が大きく改善したことが書いてあります。

 ついに完成した120校への3本の柱(柱1:仮設トイレ、柱2:給水システムの整備、柱3:衛生教育)を軸とした水・衛生事業。以前は、学校から遠くにある川や泉で水を飲んだり、手を洗っていた子ども達ですが、今は授業を中断することなく勉強を続けることが出来るようになりました。また、トイレと水の供給にあわせて実施した衛生教育により、下痢の症状を持つ子ども達が飛躍的に減少するなど、子ども達の健康も向上させることができました。

☆★☆ 2007年歳末募金へのご協力をおねがいします ☆★☆

詳しくはこちらへ

12月 13, 2007 衛生教育 |