« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月22日 (木)

まごころの配布

Mitsui_071106_gps_kangra_sweaters_3  三井住友海上火災スマイルハートクラブ様、日本編物文化協会様、商船三井ロジスティックス様等のご支援により、昨年度に引き続き、手編みのセーター、マフラー、帽子をバーグ県ハベリ郡の5つの小中学校の子ども達295名に配布をしました。

 カンガル小学校カトゥーン・アフタルちゃん(13歳)からのメッセージです。
 「私はマサコさんが作ってくれたとっても綺麗なセーターをもらいました。明日からはこのセーターを着て学校に通います。マサコさん、ありがとう。今度はカシミールに遊びに来てくださいね」

送ってくださったセーターには全て作成者のお名前がついており、このように支援者の皆様の一人ひとりのメッセージをカシミールの子どもたちに届けることができました。Mitsui_071106_bps_kangra_sweaters_3

 心をこめて編んだ手編みのセーターは、子ども達の体を温めると同時に、日本の皆様の真心により子ども達の心も温めることができました。厳しい冬を過ごすパキスタンの子ども達への応援をこれからもよろしくお願いいたします。

11月 22, 2007 企業の皆さまからのご支援 |

2007年11月15日 (木)

防災教育ワークショップ

Jicaresize  外務省、個人・団体の皆様のご支援のもと、バーグ県ハベリ郡で防災教育ワークショップを実施しています。本事業ではJICA様より防災教育に関する教科書のご提供をいただきました。

 この教科書はウルドゥー語で書かれたかわいらしい絵本になっており、小さな子どもでも分かりやすい内容になっています。

  JENは震災直後よりハベリ郡にて学校防災に関する教員研修を実施してきました。本事業では、避難訓練や応急手当の方法を指導を行うなど、より実践的な内容になっています。また、教師のみでなく、生徒や地元の人々も一緒に参加をすることで、地域全体の防災知識の普及を目指します。

☆★☆ 2007年歳末募金へのご協力をおねがいします ☆★☆

詳しくはこちらへ

11月 15, 2007 地震教育 |

2007年11月 1日 (木)

若者たちの将来の夢の話

20071101  UNICEF及び皆様のご支援のもと、バーグ県ハベリ郡の120校の学校を対象に水・衛生事業を実施しています。現在まで、80%の水供給施設が完成し、事業完了まであと一息となりました。事業完成後は、約13,000人の子ども達が安全で衛生的な教育環境のもとで、学習できるようになります。

 ハベリ郡の子ども達が、将来なりたい職業ベスト3。男の子では1位 お医者さん 2位 エンジニア、3位 パイロット、女の子は1位 お医者さん、2位 学校の先生、3位 看護婦さんだそうです。

 将来の夢を実現するためには、まずしっかりと学校で勉強することが必要です。JENは、これからも子ども達が快適な環境で勉強を続け、将来の夢へ一歩近づけるよう、パキスタンへの教育支援を続けていきます。

11月 1, 2007 |