« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月23日 (木)

JENの支援がべディに届いた日

Photo  世界宗教者平和会議日本委員会様と支援者の皆さまからのご支援のもと、ハベリ郡べディ地区にて地震被災児童を対象にした教育支援事業を実施しています。

 

 べディ地区は、ハベリ郡の中でも特に地震による甚大な被害を受けた地域です。しかしアクセスの不便さから、これまでJEN以外に教育支援を実施する団体はありませんでした。

 べディ地区までの道のりはとても険しく、JENのフィールド(現地)事務所からは車で4時間から5時間以上かかります。12月から3月にかけては雪のため道がとざされ、べディ地区まではアクセスできません。また、年間を通して降水量が多く、毎日降り続く雨により土砂崩れが頻繁に起こります。そのために、急勾配の道路はすべりやすく、経験豊富な運転手と一緒にゆっくりと時間をかけてべディ地区内を移動しています。Photo_2

 この”究極の山奥”にあるべディ地区で、JENは地震被災児童の教育環境改善を目的とし、

①心のケアワークショップ 

②教育・スポーツ用品の配布 

③スポーツ大会

を実施しています。

 降り続く雨の中、時には道路の途中で立ち往生するなど、実施にはさまざまな困難が伴います。しかし、地元の人たちの厚い歓迎を受けながら、短い夏の間に効率よく事業を実施していきます。

★ ★ パキスタン 活動報告会 ★ ★

~ 新たなミッションに着手したJENのプロジェクトとは? ~

■ 報告者:大野 健太 (写真:左端)
(JEN東京本部事務局 海外事業部プログラムオフィサー)
■日時:10月9日(火)18時半~20時半

お申し込み、お問い合わせはこちら

8月 23, 2007 教育支援 |

2007年8月 9日 (木)

パキスタン・子どもたちのアートワークショップ

株式会社三井住友海上火災様のご支援のもと、JENは(特活)子供地球基金と協働で、地震被災児童を対象にアートワークショップを開催しました。
このワークショップは、昨年スリランカで実施した津波被災児童向けのアートワークショップに引き続き開催されたものです。

仲間と一緒に絵を描くことを通じて、被災した子どもたちの心のケアをするだけではなく、世界の子ども同士が絵を通じてお互いを支え合う、という役割も果たします。
昨年スリランカでこのワークショップを受けた子どもたちからの応援のメッセージが、今回パキスタンの子どもたちに届けられたことになります。

JENが事業を実施しているハベリ郡では、学校で絵画の授業がありません。
筆と絵の具を使って絵を描くのはこれが初めてという子ども達は、思い思いに自分の気持ちを絵で表現できる楽しさを知りました。

参加した子どもたちは、「みんなとお絵かきできて楽しかった。これからもまた続けたい」「絵を描くことで他の国の子ども達を助けることが出来ると思うとうれしい」と、初めての体験に大喜びでした。

Photo Photo_2

写真:(C)JEN/子供地球基金

★ ★ パキスタン 活動報告会 ★ ★

~ 新たなミッションに着手したJENのプロジェクトとは? ~

■ 報告者:大野 健太 (写真:左端)
(JEN東京本部事務局 海外事業部プログラムオフィサー)
■日時:10月9日(火)18時半~20時半

お申し込み、お問い合わせはこちら

8月 9, 2007 企業の皆さまからのご支援教育支援 |