« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月26日 (木)

バーグ県での教育環境改善支援

20070213jpf  ジャパンプラットフォーム様からの助成により教育環境改善支援を続けています。この事業ではJENがテントを配布した学校を対象に、学校用テントの補強、生徒用学習机・椅子の配布、学校防災教育の実施を行っています。

 子どもたちが、地震に対する恐怖心を抱くことなく、安全で快適な場所で勉強できるようにすることを目的としています。

 先日、2095人分、35校への机と椅子の配布が完了しました。JENが支援を行っている地域の学校は、険しい山の中にあり、設立以来、政府からも忘れ去られ、学校に必要な資材を供与されたのは実に17年ぶり、という学校もありました。

 JENはこれからも忘れられがちな人々や場所への支援を続けていきます。

4月 26, 2007 地震教育 |

2007年4月 5日 (木)

みんなで力を合わせれば!

Unicef_jpf3_jpf4_200744_spring_view_2  カシミール州ハベリ郡では、山頂に残る雪も少なくなり、緑が一斉に芽吹いてきました。ここ3、4日は夜間に扇風機が必要なほど暖かくなっています。パキスタンへ赴任して始めての厳しい冬を乗り越えて温かい春を迎えましたが、相変わらず雨はよく降っています。

2月中旬から3月下旬までは毎日のように雨が降り続き、現在進行中の教育環境改善と水衛生の事業の進捗に影響がでましたが、できるところから住民の力強い協力を得て、進められてきました。

JENの事業地は震災で大きな被害を受けたバーグ県の中でも特にアクセスの厳しい山岳地帯です。そんな過酷な環境にあるにもかかわらず、テントに机を配布する作業では、道路から2キロも離れた険しい山道を登ったところにある学校テントまでの机の運搬を雨の中、女子生徒までもが手伝ってくれました。Jpf4_2007220

震災後、2度目の厳しい冬を自分たちの力で乗り切った住民には、自信を取り戻しつつある穏やかな表情が浮かんでいます。

4月 5, 2007 文化、生活、習慣教育支援 |