« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月 8日 (木)

学校再建事業を開始

1_20  JENは今年の1月~4月まで、地震で学校が壊れ、寒さの厳しい冬青空教室で勉強する子どもたちのために、教室用大型テント249張を配布・設置しました。
 5月1日から、ハベリ郡バダル区にある2つの村の公立小学校2校を対象に学校再建を開始しました。再建される校舎は耐震構造になります。2_12

 多くの子どもたちは地震が起きたのは宗教的な理由だと信じ、また地震の恐怖心は心の傷となって残っています。JENは、地震の正しい知識を伝えることで、子どもたちの心の傷を軽減して行きます。
 
 ダラハス村 アジブ 君(11歳)
 『地震があったとき、授業中で教室の中にいました。突然地面が大きく揺れ始めました。生徒たちみんなががパニック状態で出口に殺到したので、僕は教室の後ろ側の席からなかなか出口に辿り着けませんでした。

 そんな時、壁の一部が崩れて、教室の建物が大きく傾きました。僕がちょうどドアを抜けようとしていた際、ドアが勢いよく閉まってしまい、そこに足をはさまれて動けなくなりました。その傷跡は今でも残っています。
 そんな状態で30分もした頃、村の人たちの声が聞こえて来て、教室内に閉じ込められていた生徒たちもみな助け出されました。』

アサヒコム「国際支援の現場から」 好評連載中!

JENは今回の地震被災者支援のため、募金を受付けています。みなさまのご理解、ご協力をお願い致します。

郵便振替口座番号:00170−2−538657  口座名義:JEN
※通信欄に「パキスタン」とご明記ください。

     郵便振替以外の募金方法
銀行、ジャパンネットバンクからのご寄付は⇒こちら 
クレジットカードでのご寄付は⇒こちら

6月 8, 2006 教育支援学校修復・建設 |

2006年6月 1日 (木)

249張の教室用大型テント

23   4月30日に、事業地バーグで、現地スタッフと一緒にささやかな『お疲れさま会』を行いました。12_2  

 2006年1月年4月末までに、調査した学校数198校、設置した総テント数、249張。思えばあっという間に過ぎてしまった4ヶ月でした。
 冬季の天候不順、積雪、雨、雹を始め、春の雪解け水による土砂災害、落石の恐怖、そして何より険しい山道。『198校と249張』・・・厳しい自然を相手に、JENスタッフたちが日々積み重ねた結果です。ここまで決して楽な道のりではありませんでした。
 しかし、学校に戻ってきた生徒たちの笑い声と、村人たちの笑顔、また感謝の言葉が、JENスタッフにとって一番の報酬です。

アサヒコム「国際支援の現場から」 好評連載中!

JENは今回の地震被災者支援のため、募金を受付けています。みなさまのご理解、ご協力をお願い致します。

郵便振替口座番号:00170−2−538657  口座名義:JEN
※通信欄に「パキスタン」とご明記ください。

     郵便振替以外の募金方法
銀行、ジャパンネットバンクからのご寄付は⇒こちら 
クレジットカードでのご寄付は⇒こちら

6月 1, 2006 教育支援 |