2009年10月29日 (木)

スノーバスターズに向けて

091029_dscf6349  池谷集落では冬が近づくこの時期、そば刈りや干し柿作りが行われています。

 夫婦2人で暮らす家庭が多い池谷で必要な食べ物の量はわずかですが、冬のボランティア・イベント「スノーバスターズ」が恒例となった今は、「ボランティアの人に食べてもらおう」とどれも多めに作っています。「畑で育てた野菜を人に食べてもらえることが嬉しい」と村の人は話してくれます。

091029_dscf6355  ボランティアの人が滞在する日は3日程度ですが、その3日間に向けて普段の農作業にも“張り”が生まれています。例年、11月中旬に初雪が降ります。もうすぐ来る長い冬に向けて、集落は静かに準備を進めています。

10月 29, 2009 除雪ボランティア2005除雪ボランティア2006除雪ボランティア2007十日町市地域おこし実行委員会除雪ボランティア2008風土・人スノーバスターズ2009スノーバスターズ2010 |

この冬もやります「スノーバスターズ」

COMING SOON!

お申し込みは、こちらのページを。

10月 29, 2009 除雪ボランティア2005除雪ボランティア2006除雪ボランティア2007除雪ボランティア2008スノーバスターズ2009スノーバスターズ2010 |

2008年3月13日 (木)

豪雪地帯の必需品

080311  今回は、豪雪地帯の「かんじき」をご紹介します。3~5m積もる池谷・入山では、このかんじきは生活必需品です。これは、長靴を履いた後につけます。これを履くことによって、1m以上積もった深い雪の上も埋まることなく歩けます。これなしでは、長靴が雪の中に深く埋まってしまってほとんど歩けません。

080311_2  てっきり昔の道具かと思っていましたが、豪雪地帯では今も変わらず現役で活躍中です。枠の素材は昔と変わらず竹でできています。縄の部分は、ゴムが主流のようですが、昔ながらの縄の方が、一度はいてしまったら脱げることがありません。シンプルでありながら、とても機能的な形です。こういう生活の知恵の結晶である伝統的な道具はぜひとも残していきたいものです。

3月 13, 2008 除雪ボランティア2008 |

2008年2月28日 (木)

池谷・入山の新たな予感

080226_3 今年も無事に、スノーバスターズ全4回を終了いたしました。今年は、「雪かき道場」が開催され、ボランティアが講習を受けたことで屋根に上ることができるようになりました。

 村の人は分校や集落の屋根に上るボランティアを見て、「後、数回来て技術を磨いてもらえば、自分たちができなくなった後も十分任せられる」と大いに喜んでいました。

 またこの時期に、十日町市地域おこし実行委員会内でワークショップを行いました。そこでは、「今後どのように村を賑やかで、持続可能な村にしていくか」について、7時間に亘って活発な意見交換を行いました。「この村を存続させるためには、移住者が不可欠である。具体的にどのように移住者を誘致すればよいのか?」という現実的な問題についても検討されました。

080226_4  すぐに答えの出る問題ではありませんが、今年は本当の意味で、集落の将来について、村の人たちが考え、行動する一年になる予感がします。

2月 28, 2008 十日町市地域おこし実行委員会除雪ボランティア2008 |

2008年1月31日 (木)

「雪かき道場」の成果

080129  今年もスノーバスターズ2008が始まり、すでに2回行われました。1月上旬までは雪がなかなか降らずに不安もあったのですが、1回目は、積雪1.2m程、2回目は2m程積もりました。

 2回目は、いつもの雪堀りに加え「越後雪かき道場」も開催されました。目的は、雪かきボランティアの技術の向上や、指導者の育成。ボランティアの皆さんは、分かりやすい指導と安全講習のおかげで、屋根に上って作業ができるようになりました。

080129_2  そして、村の人びと。皆さん、雪掘りの名人ではありましたが、初心者にどのような指導をすればよいか分かりませんでした。しかし、今回の「道場」を通じて、「どのように初心者に教えればよいか」、「何を伝えておかなければいけないか」を学ぶことができました。

 今回の講習により、ボランティアも、ボランティアを受け入れる側も、お互いに技術が向上する講習会の重要性を感じました。今後も、このような講習を何らかの形で開催していきたいと考えています。

1月 31, 2008 除雪ボランティア2008 |