2009年10月29日 (木)

スノーバスターズに向けて

091029_dscf6349  池谷集落では冬が近づくこの時期、そば刈りや干し柿作りが行われています。

 夫婦2人で暮らす家庭が多い池谷で必要な食べ物の量はわずかですが、冬のボランティア・イベント「スノーバスターズ」が恒例となった今は、「ボランティアの人に食べてもらおう」とどれも多めに作っています。「畑で育てた野菜を人に食べてもらえることが嬉しい」と村の人は話してくれます。

091029_dscf6355  ボランティアの人が滞在する日は3日程度ですが、その3日間に向けて普段の農作業にも“張り”が生まれています。例年、11月中旬に初雪が降ります。もうすぐ来る長い冬に向けて、集落は静かに準備を進めています。

10月 29, 2009 除雪ボランティア2005除雪ボランティア2006除雪ボランティア2007十日町市地域おこし実行委員会除雪ボランティア2008風土・人スノーバスターズ2009スノーバスターズ2010 |

この冬もやります「スノーバスターズ」

COMING SOON!

お申し込みは、こちらのページを。

10月 29, 2009 除雪ボランティア2005除雪ボランティア2006除雪ボランティア2007除雪ボランティア2008スノーバスターズ2009スノーバスターズ2010 |

2008年2月14日 (木)

池谷の雪

080213  先週末、第3回スノーバスターズを行いました。今年の雪もやはり例年に比べ少ないようです。地球の温暖化が進んでいるということでしょうか?

 雪が少ないことは、除雪をする上ではありがたいものです。一方で、春の十分な雪解け水が、土壌を通して栄養分のある湧き水となります。それが、おいしいお米をつくると言われているので、少なすぎるのも問題です。

 昨年は雪が少なく、お米の出来も心配されましたが、雨がそれなりに降ったおかげで、例年並の収穫だったようです。今年は果たしてどうなるのでしょうか?

 今の季節、降り積もった雪や雪囲いがあるので、家の中は真っ暗になります。外に出ると、晴れている日は、ぱっとまぶしいほどの光景です。それでも村の人は「春のあの緑の息吹が待ち遠しい」と言っています。今年の春は例年より少し早く訪れそうな予感です。

2月 14, 2008 除雪ボランティア2005 |

2005年3月 4日 (金)

JENスノーバスターズ

34 新潟の雪は、水分を多く含んでいてとても重いのが特徴。今年は積雪量が多く、地域によっては、積雪が 2メートルを超え、地震で生じた歪みによって地盤や家がもろくなっているため、積雪による家屋の倒壊などが懸念されました。

そこでJENでは、「除雪ボランティア隊―JENスノーバスターズ」を結成し、現地の方々の協力体制のもと被災地の高齢者世帯を中心に雪かきボランティアを、1月と2月に計3回行いました。 中学生から65歳までの93名が、主に関東地方、遠くは三重県から集まってくださいました。

2月は、雪かきだけでなく各地の雪祭りで雪像と雪灯ろう作りに参加しました。雪像には「がんばろう!新潟」の旗、雪灯ろうには震災で亡くなった方のためにろうそくが灯され、その美しさは作業の疲れも忘れるほどでした。

作業の後は温泉で汗を流し、夜はおいしいお酒とお米で地元の方々との交流会。震災が起こった時の様子、復興に向けての決意などを伺い、参加者の中からも「今後もぜひ復興を支援していきたい」という声があがりました。

1月21~23日(45名)、2月11~13日(29名)、2月18~20日(22名)に、十日町市と川口町田麦山地区で、計96名が除雪ボランティアに参加しました。

3月 4, 2005 除雪ボランティア2005十日町市地域おこし実行委員会 | | コメント (0)