« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月18日 (木)

やまのまなびやの改修

101118_2   中越震災大震災復興基金の活用によって8月から「池谷分校JENセンター やまのまなびや」の改修工事が進んでいます。集落への訪問者の増加により、要望として以前から挙がっていた「体育館」「お風呂場」「味噌蔵(倉庫)」の改修を中心とし、床張りや壁塗りの補修も行っています。作業は地元の業者の方が進める他に、「空き家・建物再生塾」と銘打ってボランティアによる改修作業も行っています。
 震災以降から各施設の改修を行ってきましたが、今回の規模は今までで一番大きいものです。「本当に必要なのか」、「後で維持することが負担になるのではないか」と実施に当たって多くの議論がありました。

 今月6日、改修された体育館にて恒例の収穫祭を行いました。120名という予想を超える参加人数で、体育館の中は溢れんばかりに人で埋まりました。“廃校になった小学校が改修された”その事が伝わり、近隣地域や市内の住民の方が多数駆け付けてくれた結果ではないかと思います。「体育館を利用して劇団を作ろう」という声も挙がっています。101118_3

 やまのまなびやの改修がきっかけとなって、池谷入山集落の村おこしが近隣地域にも広がり始めました。

11月 18, 2010 十日町市地域おこし実行委員会村おこしボランティア2010 |

2010年11月 4日 (木)

「はざ掛け米」もうすぐ発送!!

 新米の季節ですね。みなさんのお家ではどんなお米を召し上がっていますか?今年は猛暑の影響もあり、お米農家の方は皆さん、おいしいお米を作るために大変苦心されたのではないだろうか、と思います。

 101104 池谷でも収穫量こそ例年より1割少ないですが、おかげさまでおいしい新米ができました。そして、今年初挑戦した完全無農薬のはざ掛け米は、いよいよ11月9日から発送開始です。昔ながらのコシヒカリを使用し、農薬を一切使わず大切に育てました。アイガモに害虫を食べてもらい、それでも生えてくる草は、地元の方と、都会から来てくださったたくさんのボランティアの方が、一本一本手作業で抜いたのです。さらに、機械乾燥が主流の現在では珍しいはざ掛けによる天日干しと、これ以上ないほど贅沢に手間をかけています。101104_2

 やはり自分が少しでもお手伝いができたお米が食べられると思うと、早く味わってみたくて、わくわくします! みなさんも、ぜひ、池谷産のおいしい「山清水米」をご賞味ください。

お買い求めは、こちらから

「Remember Chuetsu:日本一元気な村~池谷・入山集落の自立式~」

参加お申し込みは、こちらから

11月 4, 2010 田んぼへ行こう!! |